【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

導入する際の参考に!店舗アプリの活用事例を確認しておこう

公開日:2021/10/15  最終更新日:2021/10/08


近年、さまざまな企業が導入している店舗アプリは、集客や収益アップを目指す上で重要な存在になりました。「そろそろうちも店舗アプリを導入しようかな……」と考えている方も多いのではないでしょうか?そこで今回の記事では、導入する前にメリットとデメリットを紹介します。活用事例も提示するので、見ていきましょう。

店舗アプリを導入するメリット・デメリット

店舗アプリの導入には、メリットとデメリットがあります。効果的に利用するためには、両方をしっかり押さえておくことが大切です。

メリット

店舗アプリは、プッシュ通知という機能を利用できます。プッシュ通知とは、パソコンやスマートフォンに表示されるお知らせのことで、ロック画面上でも表示する便利な機能です。このプッシュ通知は、アプリ内のお知らせとは違い、スマホなどの端末を通して直接メッセージを送れるため、高い確率で開封されるといった特徴があります。開封率が高ければ、サービスの利用や来店の増加が見込めます。

また、店舗アプリには、ポイントカード機能やクーポン機能も付いています。ポイントカード機能は、都度カードを提示する必要がなくなるうえ、クーポン機能は利用すると通常より安く購入できるため、財布の紐が緩み、より高額な商品やサービスの購入が見込めるのです。このように多くの機能を持つ店舗アプリは、最終的に顧客の履歴をもとに分析可能、効果的なサービスを考え、プッシュ通知で配信すれば、さらなる集客アップを見込めるのです。

デメリット

店舗アプリのデメリットは、大きく分けて2つです。一つ目はコスト、店舗アプリを導入するためには、店舗アプリ開発業者に作成してもらう必要があります。もちろん、アプリの開発には費用が発生し、その費用も店舗アプリ開発業者でバラバラです。また、無事に店舗アプリを導入できたとしても、顧客にダウンロードしてもらわないといけません。どのようにしてダウンロードしてもらうのかは、店舗アプリを運用する上で最初の難関です。さらに、ダウンロードしても使われるアプリでないと意味がありません。顧客が必要とする情報の提供やプッシュ通知の頻度なども重要です。

店舗アプリを導入する方法とは?

店舗アプリを導入するためには、企画、開発業者選び、運用の3つが重要です。最初に行う企画では、店舗アプリを導入する目的や顧客層に合わせて店舗アプリの機能を決めます。企画が固まったら、次はアプリ開発業者の選定です。アプリ開発会社はたくさんあるので、費用、開発期間、開発実績などから選ぶとよいでしょう。

とくに開発実績内に自社が導入しようと考える店舗アプリに似たものが含まれているのかは重要です。また、店舗アプリをリリースした後も考えておく必要があります。自分たちで運用できなければ運用や保守も依頼する必要が出てきます。店舗アプリが顧客から飽きられないように運用することが大切です。

店舗アプリの活用事例

店舗アプリは、スーパー、カラオケボックス、飲食店、ホテルなどあらゆる業界で活用されており、商店街や自治体などでもお得な情報を発信しています。活用する目的は企業により異なり、クーポンや店舗検索を充実させている集客重視や、アプリ使用や来店でポイントが付く、ポイント付与重視などさまざまです。

また、ほとんどの企業がプッシュ通知とSNSとの連携を効果的に使いながら新規顧客とリピーターの獲得につなげています。店舗アプリの基本的な機能は似ていますが、活用方法は各企業にとって最適な使い方をしています。

 

今やスマホは、一人一台の時代になったため、スマホを活用した店舗アプリの存在も重要になりました。ただし、店舗アプリを導入する際は、各企業の真似ではなく、自分のお店に合わせた最適なアプリを作成し、随時修正や更新を行うことが大切です。アプリ開発会社に依頼する前に、店舗アプリの企画内容を検討しておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム