【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリと公式サイトの違いは?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/03/18

店舗アプリと公式サイトの違いについてですが、まず第一にこれらは本質的に一線を画したものといえます。

具体的にいいますと、公式サイトに関しては待ちのスタンスといえ、一方で店舗アプリに関しては攻めのスタンスといえます。

こうしたスタンスの違いをしっかりと理解することが、有効活用する上で非常に重要になります。

 

サイトによる集客の現在の状況について

ネットが現れ店や企業にはホームページもしくはコーポレートサイトを作成していることが至極当然の時代になっています。

キーワードによって検索した人にホームページを見てもらって、実際の店舗に来て頂いたり、或いはサービスを受けてもらう、店や企業情報を認知してもらうなど、とりわけ新たなる客に対してホームページは非常に効果を見せます。

ただし以前は、ホームページで集客できる店も多くありましたが、最近ではホームページが増加しすぎた上に、広告メディアが増えすぎネットサーフィンしてもみつけてもらうことが難しくなっている状況があります。

さらにホームページの中身よりもソーシャルネットワーキングサービスといったリアルの中身に重点を置く人も拡がっています。

いくつもの原因からホームページ経由で集客することはここへ来て相当難しくなっています。

今後は、口コミが一層大事になってきます。

背景にあるのは一個人のインパクトが大きくなったことにあります。

フェイスブックやツイッターなどの出現で一個人で影響力を持つことが可能になっています。

口コミしたくなるサービスを提供している店は、ホームページのアクセスが上昇し集客されていきます。

したがって口コミしてくれるファンに情報をしっかりと送り届けることが欠かせません。

そういった意味でサイトは待ちのスタンスといえます。

 

店舗アプリは直接的にファンに働きかける

ファンに重要な情報を届けることが重要ですが、現在メジャー会社の多くが店舗アプリに注力しています。

理由はアプリでしたら、ダウンロードしてもらえればファンに対してストレートに情報伝達できるからです。

具体的には 情報を送り届けるためプッシュ通知機能があります。

プッシュ通知はEメールなどと比べて開封率が非常に高く、見てもらえる率が高くなるといえます。

現在、インターネットを使う方の数多くがスマートフォンでインターネットを利用しています。

そうしたスマートフォンにダイレクトに情報を送れるので企業にとってパワフルな武器となります。

一方でアプリのダウンロード数を増やすことは地道なタスクです。

地道なタスクを乗り切った先には競合者との勝負に差をつける可能性があるといえます。

そうした意味で、店舗アプリは攻めのスタンスといえるでしょう。

 

店舗アプリと公式サイトに求めているものの違い

ホームページに役割を発揮させようとすると、いまでは高レベルのデザイン性が求められます。

さらにもっと高度な中身が必要となります。

その理由はホームページを見るのは新規が多く、労力をかけて見に来る人だからです。

増えたホームページがある中から訪問していることを意味します。

したがって、ホームページの質は高いレベルを要求されるのが現実の姿です。

一方、店舗アプリに要求されるものとして、 ファンの満足する情報や、ユーザビリティが求められています。

具体的にいえば、予約が取得できたり、アドバンテージとなる限定クーポンがもらえたりということになります。

そういったことを、ファンはアプリに希求しています。

店舗アプリは実際はファンがダウンロードしています。

ファンについては、店舗アプリに対して高水準のレベルのデザイン性を求めることはなく、重要な情報を求めています。

 

公式サイトは、企業情報が記載されていて、待ちのスタンスといえます。

一方で店舗アプリは、公式サイトやソーシャルネットワーキングサービス、その他の内容を集約しているハブの様な働きがあります。

さらに情報発信する攻めのスタンスといえます。

店舗アプリを要求するのはファンであり、重要な情報を直接的に知らせしてくれることが求められています。

こうした相違をしっかりと理解することが、効果的利用にとって大事といえます。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム