【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

紙ではない店舗アプリ作成サービスのスタンプカード機能の魅力

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/08/23

集客方法の一つに店舗で紙のスタンプカードを配ってスタンプを押したり、シールなどを貼ったりしてポイントを集めてもらう方法があります。

従来の紙やシールは販促費がかさんだり、手作業でスタンプを押したりするとレジが混み合う原因にもなります。最近ではアプリを使ったスタンプカードの登場で、店舗アプリが使用される傾向にあります。

店舗アプリのスタンプカード機能とは

店舗アプリのスタンプカード機能とは、お店独自のスタンプカードをスマホアプリ内で作成したものです。紛失する恐れもなく再発行にかかる手間や費用もかさむ心配がありません。

スタンプカードはスタンプ機能によって楽しんで買い物をしてもらうことができ、また来たいなと思わせる仕組みとして活用できる方法の一つです。これまでの店舗で配るタイプの紙状のカードから店舗アプリ上で行うことにより、従業員や店舗の負担を軽減することができます。

アプリのため変更を加えたい場合でも一括で行うことができ、管理もデジタルで行えるためスムーズで便利になります。

近年では技術開発も進んだことで高機能のアプリも多く存在し、静電気を使用することで電源装置・バッテリー等が不要なタイプやスワイプで簡単に操作できるものなど、多種多様なタイプのスタンプ機能を持つ魅力的な店舗アプリが登場してきています。これらの中から吟味しそれぞれのお店にあったものを選ぶことが大切です。

紙のスタンプカードとの違いとは

紙のスタンプカードでは印刷やハンコ、シールなどを用意する必要があり、販促費になっていました。店舗アプリではスマホ内のアプリ一つで済んでしまうため、広告費用やデザイン費用といった広告コストの削減に繋がります。

近年では地球保全のためビニール袋の有料化やプラスチック製ストローの使用を取りやめるなどで、環境保護を国や世界から推進されつつありますが、アプリ化によっても資源である紙ゴミを出さずに済むためエコで地球環境にも優しいといえます。

紙タイプのスタンプカードの場合はすぐに紛失してしまうことがあったり、家に置き忘れてしまう場合のほか、汚して使用できなくなってしまう可能性があります。スマホアプリ上でスタンプを貯めることで、従来の紙の媒体に比べそのような事態を防ぐことができます。

コンパクトなスマホは外出時にカバンやポケットにいれて持ち運べるため、つい持ち忘れてしまったなんてこともなくすぐに取り出せるのでとても便利です。

店舗アプリのスタンプカードならではのメリットとは

デジタルで作成することによる広告費用の削減はもちろんのこと、レジでの管理画面の操作や手渡しで行う際の手間などが不要になります。会計時の業務がスムーズに行うことができるため、レジが詰まってしまうこともなくお客さんも快適に買い物を行うことができるようになります。

タッチやスワイプで難しい操作が不要でスタンプを集めることができるため、使いやすくリピーターの獲得にもつながります。アプリ上のかわいらしいキャラクターや色合いも様々に設定できるため、見た目も楽しく大人でも子どもでも親しみを持って触れることができます。

シールや紙のスタンプカードは小さなお子さんがいる場合、間違って口に入れてしまうなどの心配がありましたがそのようなこともありません。デジタル化により様々な見た目のスタンプカードの作成ができ、シーズンごとのキャンペーンに合わせてデザインを変えたり、お店の雰囲気に合わせて魅力的なオリジナルカードを作成することも可能です。

 

このようにスタンプカードを紙媒体からスマホアプリ上で行うように変更するだけでも、かなりのメリットがあることがわかります。

店舗アプリ内でスタンプを集めてもらうことでより多くの人たちに関心を寄せてもらうことが可能です。売り上げの向上にも繋がっていくため、スタンプカードを店舗アプリで提供する事はオススメの方法です。

おすすめ関連記事




サイト内検索
店舗アプリコラム