【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリのスタンプカード機能は紙媒体のものと具体的に何が違う?

公開日:2021/11/01  最終更新日:2021/12/02

さまざまなお店でポイントカードやスタンプカードが配布されています。ポイントやスタンプを貯めると割引してもらえるなど嬉しい特典があるので、利用している人は多いです。何度も来店してもらうためにも、スタンプカードのサービスは導入したいですよね。この記事では、アプリを使ったスタンプカードについて紹介します。

店舗がスタンプカードを活用する利点

店舗でスタンプカードを活用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。まずスタンプカードの役割についてみていきましょう。

リピーターを得やすくなる

お店に来てくれるお客さんを増やすためには、一定の固定客を獲得することがとても重要です。固定客を増やすために役立つのがスタンプカードです。

スタンプを貯めるためには、お店に行って商品を購入したり、サービスを受けるなどしなければいけません。スタンプを貯めた店舗でしか特典を受けることはできないので、店舗に足を運んでくれる機会が増えるのです。

リピーターは店舗で8割の売上を担うといわれています。たくさんのリピーターに来てもらうことがお店を続けていくうえでとても重要なのです。

販促ツールの定番

スタンプカードは、販促ツールの定番といえます。店舗が決めた条件をクリアすればスタンプが貯まるなど、シンプルで分かりやすいのが特徴です。

たとえば、1,000円以上購入すると1ポイントが貯まり、10ポイント貯まれば100円割引などの特典があるので、お店を利用する機会が多ければ多いほど、貯めたいと思うでしょう。

コミュニケーションツールとしても役立つ

店舗でスタンプカードを受けとりスタンプを押す際に、お客さんとのコミュニケーションも取れます。たとえば、新商品をおすすめしてみたり、使った商品の感想を聞いてみたりできるので、お客さんのニーズをつかむことができるよいチャンスでもあります。

紙媒体のスタンプカードの特徴

スタンプカードには、従来から使われている紙媒体のものがあります。紙のスタンプカードの特徴についてまとめます。

おしゃれで可愛い

紙のスタンプカードは、店舗をイメージして作られているのでおしゃれで可愛いモノも多いです。スタンプカードを記念に残しておく人もいますので、紙がよいという人もいるでしょう。紙のカードは、懐かしい感じもあって、ついスタンプを貯めたくなるのではないでしょうか。

たくさん増えてくると管理できない

紙のスタンプカードは、お客さんがいろいろなお店のモノを持ってしまうと管理しにくいということがいえます。

デザイン費用や印刷コストがかかる

店舗側の問題として、デザイン費用や印刷コストがかかってしまう点がデメリットといえます。

店舗アプリのスタンプカード機能の特徴

紙のスタンプカードに変わり注目されているのが、店舗アプリにスタンプカード機能を取り入れたものです。店舗アプリのスタンプカードの特徴をまとめます。

かさばらない

スマートフォンにアプリをダウンロードしてもらえば使うことができるので、紙のスタンプカードのようにかさばることがなく、お客さんに管理してもらいやすくなります。なくしてしまう心配もありません。

ダウンロードしてもらえないこともある

店舗アプリのスタンプカードは、ダウンロードしてもらえない可能性もあります。スタンプカード機能以外も搭載することで、ダウンロードしてもらいやすくなるでしょう。

 

店舗アプリのスタンプカード機能について紹介しました。紙媒体とアプリのスタンプカードの違いもお分かりいただけたのではないでしょうか。店舗アプリは、お店の宣伝もよりしやすくなるので、ぜひ導入を検討してみてくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム