【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

導入実績が多い店舗アプリ作成サービスを選ぶメリット

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/11/09


店舗の宣伝媒体にはチラシ、メールマガジン、ホームページなどさまざまな種類があります。そんな宣伝手段でとくに重要となってきているものが「店舗アプリ」です。現在、店舗アプリは多くの人々に広く利用されており、店舗の宣伝には欠かせない媒体となっています。そしてそのアプリの作成においては、導入実績の多いアプリ作成サービスでさまざまな機能を提供しています。その店舗アプリを導入するメリットについて詳しく解説していきます。

導入メリットその1・店舗の新情報が伝わりやすい

スマートフォンのアプリには「プッシュ機能」があります。この機能で顧客のスマホにちょっとした音声と共に通知を送る事で、店舗の新情報を効果的に伝えることができます。メールマガジンなどの媒体と比べてこのプッシュ通知は閲覧率が高く、効果的な宣伝手段となっています。

それゆえに効果的に店舗に関する情報を顧客に知らせることが可能です。期間限定のクーポンの配信情報、新商品情報、その他のお得情報などをいち早く知らせることができる速報性も大きなメリットとなっています。通知後すぐに見てもらえなくても、スマホのユーザーはよく画面を見るので他媒体よりも素早く知ってもらえます。

そのため、情報発信から効果発現までの期間の縮小・短時間化が期待できます。この機能を運用する際の注意点は「プッシュ音をしつこくしない」事です。長い通知音は煩わしいため、そういった音を出すアプリはアンインストールされてしまうことがあります。情報の存在感を示したい気持ちはわかりますが、うるさく目立ちすぎるのはNGなので気をつけましょう。

導入メリットその2・ポイントやスタンプを管理しやすい

物理的なカードを多く運用している人は、財布がカードだらけになってしまうことがあります。そういった状況になっていると新たにカードを増やす事に抵抗を感じる事もあるでしょう。ポイントカードなどが増えすぎるとその取り出しがややこしくなるためです。

店舗アプリを導入すると、ポイントカードをアプリで管理できるようになります。アプリをポイントカードとして運用できるようになることで、増えすぎるカードの問題を回避できます。それゆえに、今から新規のポイントユーザーを増やす事を考えるならば、店舗アプリの導入が有効な選択肢となるでしょう。

もちろん、物理的なポイントカードも用意しておく事でアプリを使わない顧客にも同時にポイントの利便性をもたらすことができます。なお、同時に展開される物理的なポイントカードはアプリにポイント機能を引き継ぐことができるため、カードが増えすぎた時に対応できるというメリットもあります。

導入メリットその3・顧客の情報を分析できる

顧客が店舗アプリでポイント機能などを使用する際は、名前や住所などを入力して会員登録をすることになります。その会員情報を分析することでどの年齢層がどれだけ来ているのか、どの地域から来ているのか等の情報を知ることができます。そういった情報を分析することはマーケティング上においては重要です。

店舗の設計がうまく狙った層に対して機能しているかどうか、新たな層を開拓できているか、どのような層を取り込んでいくべきなのかを考えるのに役立ちます。何も考えずに漫然と運営しているだけではある時を境に顧客が減っていってしまうことも有り得ます。

それゆえに、常に顧客を取り込んでいく努力が必要であり、そのマーケティングのために店舗アプリでの情報分析が重要となるわけです。この際の注意点は登録の際に書かせる情報を求めすぎない事です。

さすがにコレは教えられないという情報まで会員登録時に書かせるのはあまりよくありません。たとえば家族構成まで書かせると「コレは無理」として登録を放棄されてしまいます。そのため、登録情報は心理的障壁が少ない範囲にしておく方がよいでしょう。

 

店舗アプリは情報面での顧客の利便性を大きく向上させるだけではなく、店舗にとっても情報伝達やマーケティングの面で有利に働くツールです。アプリの作成プランには主に初期費用+月額と、月額のみの2種類があるので、コストや制作メーカーの導入実績などをよく考慮して選ぶとよいでしょう。店舗の継続性と利便性を考えるのならば、アプリ作成サービスを利用してみることをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム