【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

実店舗でサブスクサービスを始めるなら店舗アプリの制作がおすすめ

公開日:2022/06/15  最終更新日:2022/06/01


「安定した売上を得たい」「話題性のあるサービスを提案したい」という店舗オーナーから、最近注目されているのがサブスクサービスです。比較的新しいサービスであるだけに、料金回収の仕組みや、サブスクならではのメリットについてはあまり知られていません。この記事では、それらの基本情報について解説します。

サブスクの料金回収の仕組み

サブスクは、月額課金・定額制で商品やサービスを提供する販売方法です。音楽・動画配信サービスなどで主に採用されていますが、最近ではモノやサービスを必要な時に、必要な量だけ使う「シェアリングビジネス」の広がりを受けて、飲食店や美容サロン、生花点、コンタクトレンズ販売店など、実店舗でも採用されています。

実店舗でサブスクを始める際の料金の回収方法としては、口座振替やクレジットカード決済が一般的です。口座振替の場合は、顧客の銀行口座から自動的に代金を引き落として、手数料を除いた金額が店舗に入ります。指定日に一括して入金されるため、回収代金の確認が容易で、手数料も比較的安いです。

クレジットカード決済の場合は、指定日に利用者の銀行口座からカード会社への支払いが行われ、そこから決済時の手数料を除いた金額が店舗に入ります。利用金額に応じたポイントが加算されるため、決済手段として顧客から根強い人気があります。最近では「初月無料」など、さまざまな課金方法に柔軟に対応できる使い勝手のよさから、店舗アプリのオンライン決済システムを導入しているところも多く見られるようになっています。

サブスクサービスを導入するメリットは?

実店舗でサブスクサービスを導入するメリットとしては、次の3つが挙げられます。

■安定した売り上げが見込める

サブスクサービスを導入する最大のメリットは、継続的な売り上げが見込めることです。売ったらおしまいの「売り切り方式」は毎月売上が変動しますが、サブスクサービスであれば、顧客が契約を解消しない限り、毎月一定の収入が見込めます。

■顧客との接点を作りやすい

サブスクサービスを導入することで、顧客との接点を作りやすくなります。サブスクは利用するほど、顧客のコストパフォーマンスが向上するサービスであるため、来店するモチベーションになります。来店頻度が増えれば、サブスク以外の商品やサービスにも興味・関心をもってもらい、売上単価を増やすことも可能です。

■ほかの店舗とのサービスの差別化を図れる

サブスクサービスを導入することで、ほかの店舗とサービスの差別化を図れます。たとえば飲食店であれば、回数券や1か月トッピングを定額で利用できるプランなどを用意することとで、顧客がお得感を感じて来店頻度を増やす、といった効果が期待できます。

店舗アプリでサブスク運営はできる!

実店舗でサブスク運営を始めるのであれば、店舗アプリが便利です。一般的に、店舗アプリにはデジタル会員証の作成機能、自動継続課金機能、クーポンやプッシュ通知、SNS連携機能を活用した集客・販促機能、顧客情報の一括管理機能、売上の確認機能などがあります。言い換えれば、これまで別々のツールで行っていた業務を店舗アプリに一本化できるということです。

さらに、オンライン決済機能を備えているアプリを活用すれば、店舗の窓口の負荷を軽減したり、顧客の利便性を高めたりすることも可能です。セキュリティ面での安全性も高いので、住所やクレジットカードといった個人情報の漏洩リスクの低減できるのも大きなメリットといえるでしょう。

 

今回はサブスクサービスについての概要と、店舗アプリでの運営がおすすめである理由を解説しました。初月無料で利用できるアプリが多いので、サブスクの導入を検討されている方は、ぜひ気軽に店舗アプリを使ってみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム