【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリ作成で来店を促進する方法

公開日:2021/03/01  最終更新日:2020/12/24


店舗アプリを導入して顧客をつくり、販売を促進することは難しいです。顧客が利用しやすい店舗アプリを作成しないと、来店には結びつきません。マーケティングに役立つのはもちろんですが、顧客管理を考えないと効率よく集客はできないでしょう。会員登録を店舗アプリで実施することで、より顧客と近づいた関係になれるチャンスです。

販促の目的で店舗アプリを使うためには

店舗アプリを運用するためには、独自の仕掛けが必要になります。店舗アプリの最大の利点であるプッシュ通知、クーポンの配布などの機能を充実させ顧客に対する働きかけのツール作成が必要です。

プッシュ通知は、メールマガジンよりもはるかに開封率がよいことで知られています。店舗アプリから定期的にプッシュ通知を顧客にメッセージ送信することで、顧客の来店を促進させることができるのです。プッシュ通知でコミュニケーションを図ることができます。一方的なものではなく、お互いに連絡を取り合うことで、より顧客と親密な関係になることができます。

クーポン配布は、お客様に他のお客様との差別化をはかることで販売促進につながるツールです。店頭でお得な買い物ができるように、事前にクーポンを配布しておけば継続して来店することにつながります。

売上を促進させようとすれば、継続的に買い物やサービスの提供を受けてくれる常連客の存在が必要です。来店率を上げ、売り上げを増加させるために店舗アプリは有効なツールになります。

販売促進につながる店舗アプリの運営とは

販売促進に店舗アプリを利用しようとすれば、運営をうまく実施し効果的な働きかけツールを作成することが重要です。そのためには店舗アプリでできる機能作成を増やすことも一つの方法となります。どのような機能を付加でき、販売促進につなげていくことができるのでしょうか。

プッシュ通知・クーポン配布以外にも多くの機能をつけることで顧客管理がやりやすくなります。たとえばカレンダー機能でイベントやお知らせを流せば多くのお客様にメッセージを一度に送付できます。カレンダーで定期的にクーポンを出すことで、顧客はその通知を待つようになるのです。

ティッカーと呼ぶお知らせ機能もでき、自店オリジナルなネットを通じた働きかけができます。特定範囲内にメッセージを流すことで印象付けに結びつくのです。

来店予約機能をつけておけば、サービス提供などでは効率よく、お客様を待たせることがありません。来店を促進するためにはお客様の時間管理ができることも満足度を増すこととなるのです。お客様に喜んでもらえる機能を付加することも利用促進につながります

店舗アプリが顧客に受け入れられる仕掛けとは

店舗アプリが製作時のデザイン性に左右されることはもちろんあります。顧客がデザイン性を認めてくれ、サイトに訪問してくれれば、それだけで顧客に受け入れられたといえます。サイトに訪問していただいた顧客をあきさせず、継続して店舗アプリを開いてくれる仕掛けが重要です。

訪問することで顧客にメリットがあるとわかってもらえれば、販売に結びつく可能性が高まります。しいていえば来店ではなく、ネット販売ができれば顧客とのコミュニケーションを取りながら販売ができます。オンライン決済ができるようにしたり、テイクアウトのサービスを提供することもできます。顧客が便利になる機能を追加することは、独自のアプリ開発には重要です。

コストをかけても機能が充実していれば顧客が使ってくれることにつながるのです。オリジナリティを大事にして、アプリで完結できるサービスを考えることが重要となります。他にはできないサービス提供という観点で開発を考えればよいのです。

 

店舗アプリは、導入するだけでは顧客が利用するとは限りません。各種の機能を充実させ、顧客とのコミュニケーションをとれるツールとすることが利用につながります。顧客がお得に感じられたり、時間管理ができるような仕掛けがあればより訪問してくれる顧客は増加し、顧客管理がやりやすくなります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム