【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリ作成サービスは契約期間の縛りがある?

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/10/14

店舗アプリは集客をする上で欠かせない存在となっていますが、導入には制作業者に依頼し運営してもらう必要があります。これらはホームページを作るのと同じようなものですが業者に依頼した場合には契約期間が存在し、その間は料金かかります。そのため、店舗アプリを導入するときには契約期間の長さやシステムもポイントとなります。

店舗アプリを導入することのメリットは

店舗アプリを導入するメリットはさまざまですが、多くのお店で実際に導入し思われているよい点としては集客力をアップすることやポイントカードの発行をなくすことができるということが挙げられます。集客力ではアプリを導入してもらえればプッシュ通知をできますし、またクーポンの発行も簡単に行うことができます。

レジのシステムと組み合わせることでクーポンの利用も簡単にできるので、それまでの紙媒体で行なっていたようなクーポンと異なり手続きが簡素化できるのが大きなメリットです。

それと利用者を引き付けるアイテムにポイントがありますが従来の方法であればカードを発行して管理しなければならず費用もかかってしまうものですが、店舗アプリの機能として加えることによりカードを発行する必要がなくカードと異なってより多くの情報を得ることができるので、販売戦略を立てるという点でも店舗アプリを導入するメリットがあります。

店舗アプリを導入するときの注意点は

店舗アプリを導入するときの注意点としては、その目的を明確にしておき費用対効果を考えておくことが重要です。宣伝広告の方法としてチラシなどがありますがこれは一度きりで終わらせることも可能なものですが、店舗アプリは一度導入してしまえば長期間にわたって利用し続けることになります。

そもそもアプリはインストールしてもらう必要があり、簡単に作成した会社を変更するということができません。導入したものはいいものの思ったほど効果が出ないケースというのもありますし、思ったようなアプリを作成できなかったというケースもあります。

このようなことを避けるためにも事前に導入する際に求めるものを整理し、またどこまで店舗アプリでサービスを提供するのか考えておくことが大事です。安価な店舗アプリの場合には、既存のアプリを提供してもらうものですから思ったほど自由度がないというケースもあります。反対に高額であればよいというものではなく、バランスのとれたものであることが費用対効果を充分に出す点で欠かせません。

契約期間の縛りはデメリットになるのか

店舗アプリはホームページなどと同様に、基本的な運用も業者に委託するのが一般的です。そのため、ほとんどの場合は月単位での支払いとなります。契約期間についても業者によって変わってきますが、短いところでは最低1か月で、半年から1年と設定しているところも珍しくありません。

契約期間の縛りのデメリットとしては、中途解約した場合には違約金を支払わなければならないということで、作成してもらった店舗アプリが気に入らなかった場合でもそれなりの費用を支払うことになります。このことから、作成をしてもらう時点で契約期間の長さがひとつの選ぶ基準となります。

一方で店舗アプリは、利用者にインストールしてもらう必要があり長期間にわたって利用するのが一般的ですので、契約期間の縛りというのは長期運用を考えた場合にはそれほど大きなデメリットとはなりません。とくに頻繁に店舗アプリを変更していては利用してもらえるものも利用してもらえなくなるため、導入する時点で長期間運営するという前提のもとに業者を選ぶ必要があります。

 

契約期間の縛りは業者によって異なっていますが、最低でも一か月というのが一般的です。多くの場合には一定期間の運用をしてもらうため、半年から1年の縛りがあります。ただ、長期間の運用が前提となるのがこのアプリの性質ですから、導入する時点でアプリの導入する目的や将来的なビジョンをしっかりと考えておく必要があります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム