【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリを使って来店客分析ができる?来店客分析する必要性とは

公開日:2022/07/15  最終更新日:2022/07/01


店舗の売上を伸ばすうえで来店客分析は欠かせませんが、しっかりと分析ができている店舗はそれほど多くありません。ここでは店舗経営にあたって知っておきたい来店客分析の基礎知識、店舗アプリを使った来店客分析の方法、なぜ来店客分析を行うことがリピーターの獲得につながるのかを解説します。

来店客分析とは

来店客分析とは、来店した顧客がどういった属性(年齢や性別など)なのか、どの媒体を通じて来店に至っているのか、店舗のどのサービスを購入したのかを把握することです。

どんな人が、どういうルートで来店して、どのサービスや商品を購入したのかを確認することで、広告出稿しているどの媒体の費用対効果がよいのかを把握して、効果の高い媒体に広告を絞ったり、キャンペーンの効果を把握して再度実施する際の判断材料にしたり、高額サービスを購入してくれる層に注力したサービス展開をするなど、合理的な経営につなげることができます。

顧客が来店する時間を把握できればそれに合わせた人員配置が可能になります。購入される商品の傾向が分かれば、仕入れや在庫管理に活用できるのです。来店客分析を行うことは、無駄のない効率的な店舗運営につながります。

店舗アプリを使って来店客分析する方法

大手コンビニエンスストアなどでは、レジで来店客の年齢層を打ち込みどの年齢層の人がどの時間帯に何を購入したのか把握するなどして来店客分析を行っていますが、店舗アプリを利用することで来店客分析を簡単に行うこともできます。店舗アプリで顧客が会員登録を行う際、年齢や性別を設定してもらうことで、顧客層の把握ができるうえ、スタンプカードの機能を使うなどして来店頻度についても集計が容易にできるのです。

店舗には飲食店、美容院、エステ、ネイルサロン、雑貨屋など色々な種類がありますが、一定数の従業員を雇用している、在庫を持つ業態であれば、どの業種であっても来店客分析は間違いなく行ったほうがよいでしょう。店舗アプリは、小規模な店舗も来店客分析が行いやすいよう仕様が最適化されているので活用してください。せっかく店舗アプリを導入しているにもかかわらず、スタンプカードの機能しか利用していないという店舗も意外と多いようです。店舗アプリに蓄積された来店客データをしっかりと活用して、経営の効率化につなげましょう。

来店客分析をすればリピーターの獲得にもつながる

来店客分析を行うことで狙いたいのはリピーターの獲得です。一度来店した顧客にリピート顧客になってもらうことは、新規顧客の獲得と同様に非常に重要です。来店客分析を行うと顧客の属性が分かるため、狙いたい属性にあわせたサービスやキャンペーンなどの施策をうつこともできます。店舗アプリにはDMなど店舗からの顧客にお知らせを届ける機能があります。

店舗アプリを使うことで、ロイヤルカスタマーと通常の顧客それぞれに合わせた販促も容易に行うことができるのです。店舗アプリに備わっているスタンプカード機能も顧客の再来店の動機付けに活用できます。ほとんどの決済が電子化している昨今、財布を持ち歩かない人も多く紙のスタンプカードを敬遠する人も増えています。デジタルの店舗アプリは顧客にとっても嬉しい機能で、店舗にとっては来店客分析が容易に行えるウィンウィンのサービスといえるでしょう。

 

来店客分析は効率のよい店舗経営をするうえで今や欠かせないものです。店舗アプリは小規模店舗でも導入しやすいリーズナブルな価格設定がされています。来店客分析をしっかりと活用してリピーターを増やしていけば、店舗アプリの導入コストはすぐに回収できるのではないでしょうか。店舗経営を行っている方、これから行うという方は、こちらで紹介した内容も参考にぜひ店舗アプリの導入と来店客分析を検討してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム