【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

観光地の店舗アプリ作成なら、多言語対応は必須!

公開日:2018/09/18  

近年の日本では、外国人観光客が年々増加する傾向にあります。観光客の多くは中国やインドネシアなどアジア圏の人々が中心ですが、ヨーロッパやアメリカから来日するケースも珍しくありません。

海外からのお客さんは昔からいましたが、近年ではますます珍しくはない存在になっていて、観光地によっては日本人よりも目立つくらいです。

外国人観光客は見逃せない存在になっている

こうした外国人観光客は、人数が多いだけではなく、経済的にも大切な存在です。長期的に日本に滞在する事例が多く、宿泊・食事・娯楽に多くのお金を使ってくれます。

これだけ海外からのお客さんが増えると、観光地では日本人向けの情報発信だけでは不十分になってきます。アクセス方法や商品の説明について、外国語を使った情報が求められているのです。外国語による情報が不十分なために外国人のお客さんが減ってしまうとしたら、観光地にも海外からのお客さんにもメリットがありません。

多言語による情報発信は、昔は観光地(または店舗)の個別の努力で対応される傾向にありましたが、近年では総合的にサポートしてくれる企業が出ています。外国語に自信がない場合でも、しっかりとしたアピールが可能になります。

店舗アプリとはどのようなものか

海外からの観光客を意識した情報発信は、いろいろな方法で可能です。そのひとつが「店舗アプリ」です。飲食店や土産物店など、それぞれの店が個別にアプリを作成してサービス内容をアピールします。これは外国人専門の対応ではなく、日本人のお客さんにも有効な手段です。近年ではスマートフォンやタブレットが全世界的に普及しているので、アプリを使った情報発信はめずらしいことではありません。

「一般的なホームページとどこが違うのか?」と疑問に思うかもしれません。アクセス方法や営業時間の情報を掲載する点ではホームページと店舗アプリは似ていますが、アプリであればより積極的にお客さんにアプローチできます。その一例が「プッシュ通知」です。セールやキャンペーンの告知などを、アプリをインストールしたお客さんのスマートフォンに流すことができます。プッシュ通知の内容を確認する人はとても多いので、積極的なアピールに大変有効です。店の近くにいる観光客がプッシュ通知で情報を受け取れば、来店してくれる可能性が高まります。ホームページによる情報発信は基本的にアクセスされるのを待つだけなので、独自に作成したアプリとの使い分けが大切です。

多言語対応は店舗アプリに不可欠です

店舗アプリの作成はお客さんへのアピールに欠かせない手段です。実際にアプリ作成を企画するときは、多言語対応を前提に考えましょう。日本語と英語に対応するのは当然として、可能であれば対応言語を増やすのが望ましいといえます。ビジネスの内容やお客さんの傾向によりますが、中国語や韓国語などアジア圏の言語を増やすのが最適です。

翻訳はアプリの作成サービスに任せられる傾向にあるので店舗経営者の語学力はあまり気にする必要はありません。翻訳で大切なのは、単純な日本語情報からの翻訳にしないことです。商品の名前や説明を翻訳するだけでもかまいませんが、理解を深めてもらうためのコーナーを(外国人向けに)用意することが大切です。外国人観光客は日本の風習や歴史に関心を持つ人が多いので、日本人には常識的なことでも説明を加えましょう。

また、飲食物の場合は特定の原材料を宗教的な理由などで避ける場合があるので、その点についても追加説明があると親切です。細かい説明をアプリに掲載しておくと、店舗スタッフが外国語を苦手にしてもしっかりとした対応ができるメリットがあります。観光客に向けて、店舗のアピールと取扱いサービスの説明を兼ねた存在が店舗アプリなのです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム