【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリ導入のメリット!一度作成すると利用率や実績がわかる!

公開日:2018/09/18  最終更新日:2019/07/17

飲食店や小売店をリアル店舗で行っているサービスは集客を気にする必要があります。今はインターネットが強い時代となっているのでネット利用をする消費者をいかに店舗に呼び寄せるのかが鍵です。

効率よく集客できるのがメリットです

最近はSNSを使って集客したりホームページの開設で集客するといった方法もあるのですが、もっと効率よく集客する方法も用意されています。それは店舗アプリと呼ばれるものでかなりの集客力を期待できるのがメリットです。これはスマートフォンに専用のアプリをインストールして使うものとなっています。

スマートフォンの普及率は70%以上を誇っており、専用のアプリも爆発的に増えています。アプリストアでは多くの方が毎日アプリのダウンロードを行っているのが特徴です。

一度作成しておけばアプリを介して最新情報をお客さんに提供する事ができます。インターネットを介してホームページにアクセスしても情報を得られるのですが、店舗アプリならブラウザを立ち上げずにアプリから情報を閲覧可能です。手間がかからないので使っている人がたくさん増えています。

プッシュ通知と呼ばれる機能も用意してある

プッシュ通知サービスと呼ばれるものを聞いたことがある人もいるでしょう。これは店舗アプリで導入されている機能で効率よくアプリを使える機能となっています。ユーザーが継続的に使えるように工夫されているもので、アプリの自動更新やイベントのお知らせができるのが店舗アプリの特徴です。

例えばアプリをアップデートするときにアプリストアにアクセスして更新する手間を省けます。またアプリを立ち上げていないときに上のウインドウからイベント情報を知らせてくれるのがメリットです。なにか更新があったときにアプリを立ち上げてくれる可能性が高いと言えます。割引クーポンの発行情報やセール情報を通知すると、商品を購入してもらえる可能性も高まると言えるでしょう。

ちなみにプッシュ通知をするときにはユーザーに嫌がられない頻度で行うのが基本です。使う側が通知する時間帯を調整することができる、頻度も調整しておけば負担なくサービスを利用してくれます。利用率を増やすにはプッシュ通知は非常に効果的な機能となっているので店舗経営者にとっては重要な要素です。

その他の機能が盛りだくさんです

店舗アプリを一度作成しておけば利用率や実績の集計が可能となっています。例えば店舗にお客さんが来たときにスタンプカードを用意しておくといいです。これを店舗アプリ内に仕込んでおいて、来店客が商品を購入したときにスタンプを押しましょう。押した数を集計すればどれくらいのお客さんが利用してくれているのかを把握できます。

店舗アプリにはお客様属性の登録が可能で、30代で女性のみや20代の男性といった具合に集計がでます。各お客さんに対応したメール配信やプッシュ通知ができるため、効率よくマーケティングを行えます。実際属性による情報発信は特定のターゲットを絞っているので適当にメールを送信するよりも開封率が高いという実績が出ているので注目です。

次回来店の登録機能付きや、飲食店では予約をすることもできます。お会計をするときに次回予約をしておくと集客が安定するので使ってみると良いでしょう。また予約数や利用客の把握もしやすいので次のマーケティングに活かせます。

一度作成をしておけば様々な恩恵を得られるのが店舗アプリの特徴です。費用対効果はかなり高いので気になるなら作成してみるのがオススメと言えます。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム