【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

自作で店舗アプリを作成するメリットとデメリット

公開日:2018/10/01  最終更新日:2019/07/17


近くに競合のスーパーができたから売上やリピーターのお客様が減ってしまったということはありませんか。
そんな時考えるのが紙ベースの宣伝ですが、経費がかかる割には売り上げに直結するものではありません。
そこで最近の傾向で自作の店舗アプリを活用しているお店が増えています。

 

店舗アプリを作成することのメリットとは

アプリを使えばお客様の反応を見ることができます。導入当初予想していなかったセールの宣伝のメニューを公表してみると今まで足を運んでいただけなかった新規のお客様の存在に驚くことになります。

主婦はSNSに関心を持って見ており、家の周辺の情報に敏感に取得していることがわかります。自作の店舗アプリですが、SNSに連携させることで口コミを誘う効果があり、リピーターが増えてくることが目に見えてきます。最近はSNSの投稿数でリピーターが存在することがわかっています。そのリピーターを逃さないように各種の反響を見て、企画を打つことができます。

シンプルな店舗アプリを作成してお客様に使っていただく美容室やネイルサロンなどが増えているのは、SNSを活用した口コミ効果が意外に強いことをわかっているからです。お客様と直接つながっているという強みが会員の数を増やすメリットに結び付きます。

 

自作で店舗アプリを作成することのデメリットは

個人が自作で店舗アプリを作成することはSNSを通じて身近な存在として認知されることに効果がありますが、そこから一歩進めて集客に結び付けなければ意味がありません。そのためには自作アプリの作成では限界があることを認識すべきです。

例えば、高機能なアプリを使用すれば次のようなことが可能になります。まずお客様に効果的なクーポンを発行してアプリを利用することで特典が得られることを知っていただくことができます。またシンプルな機能ではなくてお店のロゴやアイコンをホーム画面上に表示させることができます。手間なくポイントを付与することができ、お客様に実際に利用することを可能にします。

自作のアプリでは高額な対応になる予約機能も搭載することができます。SNSと連動しているのでお客様と1対1の関係でやりとりができる結果として口コミが自動で拡散されることによってリピーターのお客様から新規のお客様に情報が流れることで新規顧客の集客が増える効果が出てきます。

アプリに関する専門の知識がなくても簡単に自由にデザイン変更ができるのでお店独自のユニークな企画を盛り込んで情報を発信することができます。このような機能を持っているアプリを活用しないとお客様にすぐに飽きられてしまいます。

自作アプリの開発と機能に関するSNSを利用する集客面での効果

SNSを活用することで、自作アプリが意外に役に立つことを理解できたと思います。そしてそのアプリに機能を付加していくことで集客に結び付くことがわかります。自作アプリによって成果が出るからこそ、その重要性がわかってくるので、導入を通して更に色々な情報を発信していくことができます。

そのために業者が開発する店舗アプリに登録して顧客をより増やしていくために来店客にアプリを登録するように促します。そうすることで、クーポンを発行したりバースデイメッセージを送ったり友達紹介機能を利用したりして登録会員にお知らせします。それを見たお客様は、クーポンなどの発行で予約機能を使って予約を入れてくれることになります。また、たまにはお友達を連れて来店してくれることにもなります。そういう口コミのおかげで会員数も増えていきます。

しかもリピーターのお客様の比率が高まっていくことが一目でわかるようにデータを取得することもできます。アンケート機能を使って各種の調査を実施することができるのも登録顧客があってこそできることです。その結果をサービスとして実施するとお客様に喜ばれます。SNSの反響もきっと大きくなることが予想され売上にも反映されてくることになります。

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
店舗アプリコラム