【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

飲食店での店舗アプリ作成サービスの活用例と導入メリット

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/08/23

現代においてスマートフォンは情報デバイスとして重要なウェイトを占めている状況にあり、スマートフォンへのアプローチが集客に繋がるものです。

このアプローチする方法のひとつが店舗アプリを導入することで、アプリによって利用者の新たな獲得や、また獲得した顧客を繋ぎ止めておくための手段として有益に機能させることができます。

飲食店の店舗アプリの導入メリット

飲食店の場合には、毎日来てくれるという人はそれほど多くありません。同じ料理を毎日食べていれば飽きてくるものです。

このため多くの人は新しい飲食店を探すといったことを行っていますが、この時に忘れられないようにアプローチすることが固定客を獲得する上では欠かせません。昔ながらの方法では、クーポンを配布したり特定の日をサービスデーとするといったことです。

しかし、それらをするにも費用が掛かるもので、効果についても未知数です。この点で、店舗アプリは安価に集客することができます。店舗アプリの場合には、スマートフォンのアプリとして導入してもらうことでプッシュ通知することができ、キャンペーンを行ったり、割引クーポンの配布をした際に相手に通知することが出来ます。

作成するには相応の費用が発生しますが、それでもクーポン配布やポスティングなどの方法と比べれば大きく変わるものではありません。またアプリ利用者の動向を分析できる機能を付け加えれば、キャンペーンの種類による効果を測定することができます。

店舗アプリの作成にかかる費用は?

店舗アプリの作成といえば、数百万円は必要といった事を言われて断念した人も多くいます。

しかし、近年は需要の高まりから作成してくれる業者は増えており価格競争によって導入費用は下がっています。特に増えているのが月額料金制とするもので、多くの場合には初期費用を無料または低く抑えて月額料金で回収するというものです。

メリットとしては、運営するためのサーバー費用やアプリのメンテナンス費用も含まれることで、高額の開発費を支払った上に運営費用が必要とされた昔のサービスよりも安価に利用することができます。

これらの場合にはテンプレートが用意されており、最初からカスタマイズすることを前提としているので自由度の高いアプリを短期間のうちに作ることも可能です。

デメリットとしては、そのサービスを導入すれば費用を継続的に支払い続ける必要があることです。この場合のコストはもっとも安価プランでも月額2万円程度は必要で、この場合には年間24万円の固定費が発生することになります。

店舗アプリで行える事とその活用例

店舗アプリで行える事はプッシュ通知が出来ることで、これによってキャンペーンや新商品の発売などを知らせることができます。このような単純なアプローチの他にも店舗アプリから予約を行ったりポイントカードの代わりとして使うことができます。

ポイントカード機能を導入するためには、レジもそれ用にする必要がありますが、タブレットタイプのレジを一緒に導入すれば、それほど費用も掛かりません。

また、変わったサービスの活用例としては多言語対応機能です。日本はインバウンドに力を入れており、外国人観光客の利用も増えていますが、それらの観光客に対して店舗アプリを通じてアピールすることができます。

店舗アプリでは利用者の動向も集計することができますから、そこから経営状況を分析することができたり、忙しい時間帯を把握することで、重点的に従業員を配置することで、現場の負担を減らすといった経営をサポートするといった面でも活用することも可能です。

 

店舗アプリはさまざまな業種で導入が進んでいますが、特に顧客へのアプローチが欠かせない飲食店は特に導入メリットが多いものです。以前は導入に多額の費用が掛かりましたが、現在では必要最低限の機能さえあれば良いものであれば月額料金で安価に利用することができます。

おすすめ関連記事




サイト内検索
店舗アプリコラム