【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリを作成するメリットとデメリット

公開日:2018/11/15  最終更新日:2018/10/17


今やインターネットビジネスが主流となっている時代です。
この時代に店舗は対応するべく多くの施策を用意しているのですが、その中の1つが店舗アプリとなっています。
これはスマートフォンがあると利用できるもので顧客を店舗に呼び寄せるために使うのが目的です。
具体的に店舗アプリがあるとどうなるのか、特徴を含めて紹介します。

 

まずは店舗アプリの特徴を把握しておくといい

スマートフォンにインストールして使う事ができるのが店舗アプリです。これは店舗に対応する情報をお客さんに提示するのが特徴で、ちょうど広告のような役割を果たしてくれます。例えば飲食店の場合は店舗アプリを使ってクーポンを配布する事ができるのがメリットで、これにより店舗に足を運んでもらいやすいです。

今はインターネットで商品を購入する人が多く、店頭まで買い物に来てもらえる機会が少なくなっています。そういうときに活躍してくれるのが店舗アプリで、店頭で使えるクーポンを配布すれば来店してもらえる可能性が高まるといえるでしょう。プッシュ通知機能があるのですが、これは店舗から最新情報があったときにユーザーに知らせる機能です。

通常最新情報を見るときには公式ホームページにアクセスをしないといけません。店舗アプリのプッシュ通知機能ならそのままユーザーのスマートフォンに知らせてくれるので、わざわざホームページに行く必要がないです。これにより多くの顧客を確保しやすいのが店舗アプリ作成の最大の強みとなっています。

 

導入するとどんなメリットがあるのか

現在スマートフォンは格安スマホが登場して多くの方が所持するようになりました。これによりアプリの利用頻度も大きく上昇し、常に最新のアプリが登場しているのが特徴です。ファストフード店でもオリジナルの店舗アプリを作成して顧客拡大を狙っています。

最近は店舗アプリ内にポイントカードを導入しているところもあるので注目です。通常ポイントカードは店頭で発行するもので媒体は大体カードとなっています。アプリにポイントカードをつけておくと、来店をするだけでスタンプを付与することができるため大幅なコスト削減ができるのがメリットです。また来店するだけなので多くのお客さんが来てくれる可能性も高まります。実物だと紛失してしまう恐れもありますがアプリならその心配も少ないです。

お客さんの属性を収集できる機能も付属し、いつ誰がどの店舗に訪れたのかを確認可能となっています。
性別年齢といったものから購入した商品までチェックできるのでマーケティングに活かせるのもメリットです。
うまく作成して商売を繁盛させましょう。

 

作成によって起こってしまうデメリットもある

便利な機能が数多くある店舗アプリですが導入してみるとデメリットがあることもわかります。例えば性質上アプリをスマートフォンにダウンロードしないと意味がないです。スマホやタブレットをお客さんが持っていないと意味がないといえます。端末の使用量はお客さんにより違いがあるので通信データも制限されるのがネックです。

基本的に配信をするときにはデータをなるべく抑えないといけないので、工夫をする必要があります。また頻繁にデータを送るのではなくポイントを絞り送るのが重要です。まずは店舗アプリのダウンロードに興味を持ってもらわないといけません。そこで店舗アプリ販促用の広告を作りダウンロードを促しましょう。例えばインストールすると割引クーポンプレゼントといった内容や、ポイント付与といったイベントがいいです。便利なプッシュ通知ですが頻繁に行うと鬱陶しいと思われがちなので適度に調整します。

便利な機能として配信量の調節や通知のオフができるものを設定するのがおすすめです。そうすることで多くの人が使ってもらえる環境を構築できます。

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
店舗アプリコラム