【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリの作成費用を安く抑えるテクニックについて解説!

公開日:2021/12/01  最終更新日:2021/12/02

ニーズが高まっている店舗アプリですが、気になるのが作成費用ですよね。店舗アプリは、どうしても費用が高額になってしまう傾向があります。しかし、なるべくコストは安くしたいものです。この記事では、店舗アプリの作成費用を安く抑えるテクニックについて解説します。店舗アプリの導入を検討中の人は、ぜひ参考にしてください。

店舗アプリの機能

まずは、店舗アプリにはどのような機能があるのか解説しましょう。アプリ機能を上手く活用することで、ユーザーにとって魅力的なアプリができ、効果的な販促活動ができます

プッシュ通知

キャンペーン情報やクーポン発行などの新着情報を、ユーザーに通知する機能です。あまり頻繁にプッシュ通知をすると、ユーザーは煩わしいと感じてしまいます。

さらに不要な通知ばかりならば、アンインストールされてしまう可能性もあります。ユーザーに有益なコンテンツを、開封率の高い時間帯に通知することが大切です。

クーポン

クーポン機能は、ダウンロードしている人だけが利用できるお得なサービスです。アプリクーポンに魅力を感じてもらえれば、アプリをダウンロードしたい気持ちを持ってもらえます。アプリでお得に買い物ができるメリットを、積極的に顧客にアピールしましょう。

スタンプカード

紙のスタンプカードは、忘れる人や紛失してしまう人も多く、なかなか活用できない顧客もいますよね。

店舗アプリはキャッシュレス決済にも対応しやすく、スマホ決済の人も増えているので、アプリの中にスタンプカード機能があればとても便利です。お店にとっては、会計時のスタンプ押印作業やスタンプカード作成コストがカットできるメリットもあります。

店舗アプリの作成費用の目安

それでは、店舗アプリの作成費用の目安について解説しましょう。アプリ開発にかかる費用は、人件費と開発期間によって左右されます。

アプリを一から作成する相場は、100万円から150万円ほどです。オプション機能を追加すると、一般的に費用は増えていきます。

部の開発業者に依頼する場合、担当するシステムエンジニアのスキルによって単価が異なります。場合によっては、費用が数百万円にのぼることもあります。

店舗アプリの作成費用を安く抑えるテクニック

上述した通り、高額になりがちな店舗アプリの作成費用ですが、実は安く抑えるテクニックもあるのです。具体的に解説しましょう。

機能を絞る

アプリは実装する機能が増えるほど、コストがかかります。開発費用を抑えたいなら、必要な機能を絞って、余分な機能をカットすることです。

アプリを導入する目的を明確にし、自社にとって必要な機能は何かを考えるようにしましょう。余分な機能が多すぎるとコストがかさむだけでなく、ユーザーにとって見づらく、使いづらいアプリになってしまいます。

開発業者を選ぶ

開発業者によって、価格はさまざまです。店舗アプリに特化したアプリ開発業者なら、アプリのテンプレートを持っています。実装する機能にもよりますが、約10万円で作成してくれる業者もあります。しかし、安さだけでなく、これまでの開発実績も確認してから慎重に開発業者を選びましょう

 

店舗アプリの作成費用を安く抑えるテクニックについて解説しました。専門スキルを必要とする店舗アプリ作成費用の相場は、どうしても高額になる傾向にあります。しかし、必要な機能に絞ったり、低額で引き受けてくれる開発業者を選んだりすることで、コストを抑えることは可能です。ユーザーにとって便利でお店にとって有益なアプリ開発は、工夫次第で安く実現できるので、ぜひ検討してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム