【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリは自社開発か外注依頼か。双方の違いを理解しよう!

公開日:2021/12/15  最終更新日:2021/12/02

集客のためには、広告やチラシ、ブログ、ホームページ、SNSなどさまざまな手法があります。より効率よく集客するためには、これらの方法をうまく使い分けしていく必要があるでしょう。宣伝方法の中で、おすすめの方法として店舗アプリがあります。この記事では、店舗アプリを自社開発する場合と外注依頼する場合の違いなどについて解説します。

店舗アプリを自社開発するメリット・デメリット

お客様のスマートフォンにダウンロードして使ってもらう店舗アプリは、クーポンを配信したり、ポイントカード代わりにしたり、キャンペーンやセールのお知らせを案内するなどの機能が搭載されています。これまで紙で配布されていたさまざまなサービスや特典をアプリにまとめたというようなものです。

アプリの機能は店舗によって異なり、プッシュ通知機能や顧客管理機能が搭載されているものもあります。店舗アプリは、自社開発することもできます。

店舗アプリを自社で開発するメリット

自社で店舗アプリを作る場合、費用を抑えて開発することができます。社内に開発できる人材がいる場合は、自社開発がおすすめです費用を抑えることができるだけでなく、社内ですぐに意見の共有ができるので、スムーズに開発を進めていくことができます

店舗アプリを自社で開発するデメリット

店舗アプリを自社で開発する場合、プロジェクトチームを立ち上げる必要があります。

アプリの開発は、企画やデバック、テストなどさまざまな作業があります。それらをひとりでこなすことはできないので、数名のチームで動く必要があるのです。アプリに搭載する機能が多いほど、時間も人数も必要となってしまうでしょう。

店舗アプリの作成を外注依頼するメリット・デメリット

店舗アプリを開発できる人材が社内にいないという場合、外注依頼したほうがスムーズです。

店舗アプリを外注する場合のメリット

店舗アプリを外注する場合のメリットは、プロに任せることができるので高品質なアプリに仕上げることができるという点です。

さらに工夫次第では費用を抑えて開発してもらうことも可能です。自社の要望に合うように機能をカスタマイズすることもできるので、理想的なアプリが完成するでしょう。

店舗アプリを外注する場合のデメリット

店舗アプリを外注する場合のデメリットは、完成までに時間がかかる可能性があるということです。自社の要望を伝えて、その要望を元に作成してもらったものをチェックし、不備があれば修正というように、何度もやり取りを重ねなければいけません。

自社に開発担当者がいれば、やり取りもスムーズですが、外部委託となるとスケジュールの調整もなかなかできないことがあり、時間がかかってしまいやすいです。

店舗アプリは外注依頼するのがおすすめ!

高品質な店舗アプリを作成したいのであれば、プロにお任せするのがおすすめです。なお、店舗アプリの作成を外注依頼する際には、下記の点に注意しましょう。

パートナー企業選びは重要

店舗アプリの開発を行う企業は沢山ありますが、どのような企業に依頼するのかは重要です。開発実績なども確認して、自社に合う企業を見つけるようにしましょう。まずは、いくつかのアプリ開発企業に相談をして、見積をもらうようにしてください。

アプリ開発では、開発した後のサポート体制もチェックしておく必要があります。アプリに不具合があった場合の対応や、アプリのアクセス数が伸びない場合の対応なども確認しておきましょう。

 

店舗アプリは自社開発と外注依頼、どちらがベストなのかということをお伝えしました。アプリ開発はプロに依頼する方が満足できるアプリが完成しますし、サポート体制が整っていれば、運用面でも安心です。ぜひ自社に合うアプリ開発企業を見つけて依頼してください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム