【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリのデザイン作成で重要なこと

公開日:2021/03/15  最終更新日:2020/12/24


現在、多くの企業が店舗アプリの作成に力を入れています。集客手段として、大きな力を発揮すると考えられているからです。その一方、コストをかけて店舗アプリを作成したにも関わらず使用してもらえないというケースもあります。その理由の1つとして、デザインが考えられます。ここでは、成功するデザインと失敗するデザインの違いを解説します。

成功の決め手となるUI/UXとは

UIとは、ユーザーインターフェイスの略です。日本語に訳すと利用者の接触面という意味になります。これは、ユーザーがサービスを利用するときに目にする部分すべてのことを指しています。たとえば、アプリやサイトの色やボタン、フォントなどがあります。重要なのは、ユーザーの目的がいかに達成しやすいデザインになっているかです。

UXはというと、これはユーザーエクスペリエンスの略です。日本語に訳すと利用者の体験という意味になります。これはユーザーがサービスを利用して楽しかった、便利だったなどの感じたことや体験したことを指しています。よいUXとは、ユーザーに与える感情がよいということを意味します。

つまり、UIとUXは同時に考える必要がります。ユーザーに不満や不便さを感じさせないためには、この2つのデザインが決め手となるからです。そのためには、ユーザーが求めているようなことや喜ぶようなことができる仕掛けを考えることが大切です。

デザインする際に重要な3つのポイント

店舗アプリのデザインで重要となるポイントが3つあります。これを理解することで、よいデザインが浮かびやすくなります。1つめはターゲットを明確にすることです。

まずはどんな人に使ってほしいのかを考えましょう。性別や年代を決めるだけでもデザインが絞ることができます。いつどこでだれが何のために使用するのか、細かく絞れるとよいでしょう。

次に重要なのは、必要最低限のものを考えることです。効率的で使いやすいサービスというのは、シンプルさが大切です。1つのページにたくさんの機能を詰め込むのではなく、説明がなくてもある程度直感的に操作できるデザインを考えましょう。

そして最後はユーザーの目線になることです。これができなければ、使いにくいアプリになってしまいます。ユーザーが求めているものがわかっていても、それがユーザーの目に届かない場所にあっては意味がありません。それに気がつくためには、ユーザーの目線になることが必要になります。

店舗アプリを効果的に活用できる機能

店舗アプリを作成して事業拡大を目指すのであれば、ユーザーに使ってもらうことが鍵となります。そのために、集客に役立つ便利な機能について知っておきましょう。

まずはニュース機能です。これは店舗の最新情報やお客様に伝えたいことをタイムラインのように発信できる機能です。目印となるバッジが表示され、読んでもらいやすくなります。

次にお店情報ページは、店舗やスタッフの紹介やイベントなどの情報を、自由に記載できます。そしてポイント機能です。購入金額、QRコードの読み取り、文字コードなどによるポイント付与のサービスです。

さらに予約機能はカレンダーを表示して簡単に予約をしてもらえる機能です。他にも、クーポンやログインボーナス、スタンプなどの手軽で楽しく使ってもらえるような機能がたくさんあります。また、アンケート機能やメール配信機能、飲食店のメニューや地図の記載も、集客にかなり役立つ機能です。これらの機能を上手に取り入れることで成功に近づきます。

 

店舗アプリの作成において大切なことはなにか分かったはずです。UI/UXデザインを改善することで、多くのユーザーから必要とされるサービスを提供できます。普段使っているアプリにも、使いやすい部分と使いにくい部分があります。いろいろなものを参考にしながら、よりよい店舗アプリを作成していきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム