【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリ作成依頼前に注意するべきポイントについて知ろう!

公開日:2022/01/01  最終更新日:2021/12/02

多様化する集客方法の中でも、店舗アプリの需要が高まっています。導入を検討している企業にとっては、より効果的で魅力ある店舗アプリの内容について気になるはずです。この記事では、店舗アプリの作成を依頼する前に注意するべきポイントについて解説します。店舗アプリを作成する利点や、作成までの流れについても確認しておきましょう。

店舗アプリを作成する利点とは?

まず、店舗アプリを作成する利点は何でしょうか。

リピーター確保

リピーター獲得が安定した経営の鍵ともいえます。店舗アプリでは、プッシュ通知やクーポンを活用して継続的に情報発信することで、ユーザーに自社への興味関心を持ってもらいやすくなります。

リーチの確実性

メールマガジンと比べて、店舗アプリのプッシュ通知の開封率は高い傾向があります。アプリユーザーに一斉に通知ができるので、より多くのユーザーに発信した情報を読んでもらえます。

業務の効率化

店舗アプリは店舗型業務に必要な機能が揃っています。情報発信や顧客管理、決済なども管理できるので、業務の効率化に大きく貢献してくれます。

店舗アプリを作成するまでの大まかな流れ

店舗アプリを作成するためにはどんな手続きが必要なのでしょうか。大まかな流れについて解説しましょう。

アプリの目的を整理

まず、アプリを作成する目的を具体的に固めましょう。アプリ導入によって、どんなことを実現したいかよく考えます。リピーター獲得で利益を伸ばしたいのか、マーケティング活動に活かすためのユーザー分析をしたいのか、明確にしましょう。

アプリ設計

目的に応じて機能・アプリのデザインを細かく設計します。販促・集客が目的ならクーポン機能は必要ですし、顧客データを取得するならCRM(顧客管理機能)は重要です。また、自社に不要な機能も整理しておきます。

アプリ開発

自社で作成する場合は、社内の各部署と担当チームで協力して進行します。外注する場合は、担当者と外部業者で打ち合わせをして開発を進めます。動作確認を行い、不具合がないか細部まで確認、ブラッシュアップして完成です。

店舗アプリ作成依頼前に注意するべきポイント

店舗アプリを作成する際には、注意したいことがあります。開発を依頼する前に注意するべきポイントについて解説します。

作りたいアプリを明確に

作りたいアプリのイメージを明確に伝えましょう。そうしないと、完成したアプリが希望したものと違うアプリになる可能性が高くなります。デザインのイメージや機能はもちろんのこと、「来店率アップのために割引クーポンに力を入れたい」など、アプリを作る目的をはっきり伝えることが肝心です。

ユーザー目線で考える

想定するユーザーに合ったアプリである必要があります。ですから、ターゲットとするユーザーの年齢層、好みを考慮しましょう。全体的なデザインはもちろんですが、ボタン配置から文字のサイズ、フォントの種類まで考えて業者と相談することをおすすめします。

開発実績もチェック

店舗アプリを開発している会社はたくさんありますが、実績が豊富な会社なら信頼して任せられます。アプリ開発会社のHPには、これまでの開発実績が載っているので確認してみましょう。

アプリをダウンロードしてみて、操作してみるのもおすすめです。また、iPhoneとAndroid、どちらも開発実績があるかどうか確認してください。

 

店舗アプリの作成を依頼する前に注意するべきポイントについて解説しました。店舗アプリの作成には利点も多いので、作成の目的を明確にし、ターゲットとするユーザーに合わせたアプリを開発することが大切です。外部に依頼する際は、過去の実績なども考慮し、比較検討して委託先を決めましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム