【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリ作成にかかる費用目安

公開日:2021/04/01  最終更新日:2021/01/27


集客ツールとして役立つ「店舗アプリ」は、今では美容室から医療機関・飲食店など幅広い業種で利用されています。このアプリは専門会社に依頼することでオリジナルデザイン・機能を有したプログラムとなりますが、その作成に必要な費用の目安をここで詳しく見ていくことにしましょう。今後導入する方の参考にしていただければ幸いです。

そもそも店舗アプリとはどのようなもの?

昨今では子どもから年配の方まで、スマートフォンを所有しています。通話だけでなくインターネットを閲覧したり、電子決済にも対応しているため生活必需品としての位置づけにもなっているほどです。日頃から持ち歩くデバイスであり、アプリというソフトをインストールすれば日常生活に役立つ情報をいつでも手に入れられます。

「店舗アプリ」もそのひとつであり、飲食店や美容室ならお得なクーポンの発行から新着のお知らせを利用客に随時配信できます。医療機関だと診察の予約受付機能というものも搭載しており、ユーザーにとっては非常に便利なシステムといえるでしょう。

一般的には集客ツールになっているため、ターゲットになされている方に対してピンポイントのアプローチをすることが可能です。アプリには広告と集客のほか、来店客にとってお得に感じる機能を自由に組み込めるので、利用する価値のあるプログラムになっています。1度作成をすれば、あとはバージョンアップをするのみで新たなシステムを付加できます。

店舗アプリのおもな機能と特徴について

店舗アプリと一言にいっても、多種多様なものがあります。医療機関の場合は、診察の予約システム・担当医のシフト表のほか、お薬手帳機能も備えているのが一般的で患者にとって非常に利便性に長けたアプリといえます。スーパーマーケットだと広告の掲載から、お得なクーポン券の発行・買い物ポイントの管理が行えるのが特徴です。

お店独自の電子決済機能を備えているものもあり、買い物をスムーズに行えるというよさも目立ちます。飲食店だと来店予約、おすすめメニュー情報の発信・クーポンの発行など集客に力を入れている点が見受けられ、利用客にとってもアプリだけの特典を受けられるよさもあるのが特徴です。

昨今ではスマートフォンのGPS機能と連動したサービスもあり、アプリ内でアクセス情報を取得すると自動で現在地からのルート検索を実施することも可能です。店舗アプリは日進月歩しているものといえ、今後も店と利用客の両方に大きなメリットのある機能が付加されていくことでしょう。

店舗アプリの作成にかかる費用の目安

店舗アプリは基本的に、専門会社に作成依頼をしてオーダーするものです。各店ごとに異なった機能・特徴を持つアプリとなるため、完全受注生産といえるものでしょう。

東京都にある店舗アプリ制作会社を参考にすると、美容室で約15万円・医療機関で約20万円・飲食店で18万円の作成費用を提示されていました。この中で医療機関の作成費用が高くなっていますが、これは診察予約システム機能を設けており、リアルタイムの処理をするという高度なプログラムを用いているからです。

美容室の場合はリアルタイムの処理が不要であり、若干安い費用で作成できます。飲食店も医療機関と同様で予約システムがあり、作成相場が高いです。なお、どの店舗アプリも1度作成すれば、あとはアップデートのみで維持できます。初期費用としては20万円を目安にしておき、その後は数カ月に1度のメンテナンスとアップデートに1万円程度の費用を算出しておくといいでしょう。

 

円滑な経営を行うのに、今では店舗アプリが大いに活躍してくれます。各業種に特化した店舗アプリがあり、それぞれに見合った機能を搭載することで集客効果を高めることが可能です。初期費用の相場は約20万円となりますが、集客力の効果を考えるとそれ以上の価値を手にできることでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム