【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

集客だけじゃない!店舗アプリで作成できる機能まとめ

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/09

店舗アプリを作成するときに知っておきたいのが機能面です。これは多くのものがあるので知っておくと便利でしょう。基本的に顧客を集客するのがメインですが、それ以外の機能もたくさんあり、例えば他のシステムと連携もできます。 ここでは具体的な店舗アプリの機能を紹介するので理解しておくと良いです。

データ収集機能が多く非常に便利

店舗アプリは集客以外にデータ収集できるメリットもあります。例えば来店情報や行動情報を把握できるデータを手に入れる事が可能です。これはCRM機能というものでユーザーの細かいデータなどを収集できるのがメリットです。 例えば年齢や性別の他に住んでいる地域から来店履歴といった行動ログを収集して、次のマーケティングに活かすことができます。

さらに利用者側で顧客の氏名やメールアドレスなどの情報を追加できるのが魅力です。うまく利用すれば特定層のみをターゲットにしてクーポンの発行や、ニュースなどの配信も行えます。特定層をターゲティングすることにより効率よくリピート率を上げる事ができるでしょう。

ちなみに顧客の来店頻度によりアクションを変化させることもできます。一度だけ来店した顧客対して専用の特別なニュース配信をすることも可能です。優良顧客にはシークレットキャンペーンなどを提案して店舗につなぎとめておくこともできるのが強みです。

顧客を育てる機能も充実している

集客した顧客をつなぎとめることにより安定した収入が得られます。そこで店舗アプリの機能を使ってみましょう。例えば店舗アプリでは顧客に対してスタンプの発行ができるものもあります。店舗に来店したときにスタンプが押されるもので雨の日などにあるとスタンプ2倍などのイベントが可能です。

貯めたスタンプの数によって独自の特典を用意しておけば、顧客が離れる心配もありません。ちなみにスタンプの状況はスマホ画面から確認できるシステムがおすすめです。お得意様は特に来店頻度も多く購入金額も多いのでなるべく手放したくはないでしょう。

そういうときはお得意様をつなぎとめるためにランクアップシステムを利用するとよいです。これは一部の店舗アプリで採用しているものです。会員ランクに応じて独自の特典が得られます。例えばポイントアップや割引サービスなどを提供すればお得意様を逃さない環境を作れるでしょう。ランクシステムによりさらに購買意欲を高めてリピート率の向上もできます。

システム連携できるので運営が快適になる

店舗アプリはシステム連携も可能です。例えばPOSレジや予約などと連携もできます。POSレジと店舗アプリを連携させると顧客の購買履歴から興味のある商品などのデータを使用して、顧客に対して適切な告知やクーポンの配布ができるのが強みです。これにより業務効率が大幅にアップするでしょう。

予約と店舗アプリを連携させると予約管理の重複を回避できます。ユーザーも予約をしやすく利便性が向上するのが強みです。他のデータと連動をすればダイレクトメール等の配信をすべてアプリ配信に変更できる機能を作成可能です。これにより他の配信作業を一括にまとめてアプリで情報配信できるので、業務効率が上がり人件費も削減できます。

すでにあるマーケティングオートメーションツールと店舗アプリは連携できます。そうすることでユーザーの状態に合わせてアプリ会員のセグメント分けも簡単に実現できるのが強みです。非常に多くの機能を作成できるのでうまく使ってみましょう。

 

店舗アプリを利用すれば多くの機能を作成することができます。うまく利用すれば、顧客データの収集から顧客をつなぎとめるための対策なども行えます。またシステム連携も可能でMAや予約システムといったもの併用すれば業務効率がアップするでしょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
店舗アプリコラム