【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリ作成は無料でできる?

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/02/12

店舗アプリはスマホユーザーに魅力的、もちろん経営者にも利点ばかりです。

実際に委託して作ってもらうケースが多いですが、有料のサービスです。

自作でも業者を利用するにしても、お金をかけずにできるのか調べてみましょう。

 

実質的に無料で作り出すことは可能

多くの場合はアウトソーシングで委託するでしょうが、店舗アプリ作成は大半が有料です。

例えば、画面デザインは別会社へ発注、公開後の運用保守は別料金を条件にしてみましょう。

その場合、ショッピングカート系で100〜300万円、オペレーターとの通話機能付きで100〜500万円というのが相場です。

ですから、無料でできるのなら自作という手が使えます。

必要な機能に絞り込み、開発料金とのバランスを考えたり、もちろんそれなりの技術は必要ですし、委託するより時間がかかることになってしまいがちです。

デザインに時間がかかる、画面にどんな要素を加え減らすべきかなど、考える要素が限りなくあります。

自作した方がお金はかかりませんが、その場合0から始めるということを念頭に置きましょう。

使い勝手の悪さでユーザーが離れる可能性があり、自作でも他作でも、ましてやプロでもノウハウや実績があれば無料で作り出すことは可能でしょう。

店舗アプリ作成は無料でできるのか、この点に関していえば可能です。

アドバンス・標準・管理の3つの機能に分け、運用に欠かせない要素を取り込むことがポイントです。

今や、管理機能も分析ができるツールが用意されているので、上手く活用もできます。

 

テンプレートなどを上手く活用してみよう

魅力的なポイントサービスやクーポン情報を提供するなど、ユーザーが使ってくれるからこそ店舗アプリは意味があります。

お店を利用してくれる固定客を作るにも、店舗アプリ作成にはどれくらいの費用がかかるものでしょうか。

それには、求める機能をはっきりとさせておくことが重要です。

また、委託するにしても無料を謳う業者も少なからず存在しています。

例えば、店舗アプリで利益を出す、低コストで開発できるようです。

利益での支払い、だから無料となっています。

完全オリジナルでなければ、初期費用10万円からという業者も存在しています。

その理由は、ベースがすでに開発されているため、カスタマイズするだけの仕組みだからです。

同じように、無料のベースはインターネット上に数多く提供されています。

差別化するならば多少の難はありますが、店舗アプリ作成は無料でできるのかと問われれば、万人受けするアプリは作れそうです。

もちろん、デザインの自由度を高めることは重要ですが、無料のテンプレートもバリエーションが豊富です。

色やデザイン、グラフィックなどを選びやすい魅力もあります。

最近ではアプリクリエイター志望である人など、技術力のある人が自作することも少なくありません。

どのくらいデザインのカスタマイズができるかということも重要でしょうから、無料の幅もチェックしましょう。

 

専門となる業者を賢く活用してみよう

自分のお店のオリジナルアプリを持つならば、業者を活用してもいいでしょう。

コストと品質のバランスをウリにしているのが、初期費用さえ支払ってしまえば、月額費用だけで運用できる業者で、店舗アプリ作成費用が0円となっています。

機能制限も一切なく、アドバンス・標準・管理機能を使用するのにしても、オプション費用は不要なのだそうです。

また、初期設定や面倒な作業を代行してくれるケースもありますから、スマホに詳しくない人でも導入しやすいのではないでしょうか。

インバウンド対策を取り入れて店舗アプリを作成したい方に適しているのは、多言語に対応していること、顧客がもっと活用してくれるようになるはずです。

こうした内容も、業者ならばムダ、ムリなく行ってくれそうです。

 

店舗アプリを作成するにしても無料なのか、この問題に関しては0円です、という業者も存在していますし、自作ならば可能です。

ただし、できは腕次第ですから、技術力があったり、ある程度の知識がある人にこそ向いている方法でしょう。

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
店舗アプリコラム