【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

見積もり無料な店舗アプリ作成業者はある?

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/07/07

店舗アプリの作成を業者に依頼するときには見積もりを取るのが一般的です。その手続きにどのくらいの費用がかかるのかが気になっている人もいるでしょう。あまりにもコストがかかるなら諦めたいと思っている場合もありますが、無料で対応してもらうことはできるのでしょうか。

業者に依頼するときの一般的な流れ

店舗アプリの作成を業者に依頼するときにどのような流れになっているのかがわかると、見積もりにかかる費用についてのイメージが湧くようになります。業者に依頼するときにはまず候補となる業者を選定して、ウェブサイト上のフォームやメール、電話などによって申し込みをします。

すると業者の担当者から連絡があり、打ち合わせの日時を決定するのが一般的です。そして、担当者やアプリの制作をするエンジニアなどと対面での打ち合わせをして、どのような仕様のアプリに仕上げるのかを決めます。このような打ち合わせを経て、開発にかかる費用や期間についての見積もりを依頼するのが普通です。

そして、その内容を見て納得できるようであれば契約を結んで正式に業務依頼をすることになり、納得できないようなら要件などを見直していきます。最終的に落とし所が見つかって契約が成立したら、費用の一部または全額を支払います。その後、納品を受けた段階で最終的な支払いをして取引が完了するというのが通例です。

見積もりを取るまでは無料なのが普通

このような流れを理解できると見積もりを取るまでは無料なのがよくわかるでしょう。打ち合わせなどをするときにも基本的にはオフィスまで来てもらうことができるシステムになっていて、交通費などもかけることなく打ち合わせをすることが可能です。契約を締結するまでは完全に無料のサービスを提供していて、契約をした段階でお金を受け取るというのが一般的になっています。

このような仕組みにすることで問い合わせをするハードルを下げ、少しでも多く問い合わせてもらいたいという考えで無料のサービスが提供されているのが実態です。足並みを揃えなければ競合他社に顧客を取られてしまうリスクが高いことから、業界全体として契約前に支払いが発生することはないシステムで運営している状況があります。

見積もりを取り直しても無料なのか

打ち合わせをして費用や納期の見積もりを出してもらったけれど納得できないという場合には、理由を説明したり条件を変更したりして再度見積もってもらうことになります。この場合にも費用が発生しないのかと疑問に思う人もいるでしょう。

何度も見積書を作成して発行するのは手間も費用もかかるため、1回目はサービスできたとしても、2回目、3回目となるとコストがかさんでしまうのが気になりがちです。

しかし、一般的には見積書を何回発行してもらったとしても一円も請求されないのが普通になっています。店舗アプリの作成に関する契約を獲得するのに成功できればこのくらいのコストが発生したところで痛手ではないので、サービス精神を発揮して手厚く顧客をもてなすようにしているのです。

 

業者に店舗アプリの作成を依頼するときには業者とのやり取りの流れがわかるといろいろな情報を引き出せます。見積もりを取得しても費用がかからないのが一般的で、契約を取れてしまえばそのくらいの費用はまかなえてしまうことから無料サービスをしているのが一般的です。

見積もりは何度取得しても無料で対応してくれる傾向があります。費用と期間を詳しく理解するのは店舗アプリの作成を依頼するかどうかを決める上でとても重要な点です。打ち合わせを通して内容が決まったらすぐに見積もりを出してもらうようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム