【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリはプラットフォーム型がいい?アプリプラットフォームとは

公開日:2022/03/01  最終更新日:2022/03/22


店舗アプリにはスクラッチ型やプラットフォーム型といった種類があります。店舗アプリの導入を検討している方は、どのタイプがいいかわからないという方もいるのではないでしょうか。ここではそうした方の参考になる、プラットフォーム型店舗アプリのメリット・デメリットについて紹介します。

アプリプラットフォームとは

ほとんどの人がスマートフォンを所有している現代において、多くの人がクーポンやチラシは紙媒体ではなくスマートフォンで見たいと思っています。会員証やスタンプカードも、アプリで管理できたほうが嵩張らず、なくす心配もありません。店舗側も、紙のチラシを作るよりもプラットフォームを使って情報発信したほうがデザイン構成や配布などの必要がないため、圧倒的に少ない工数で最新情報を届けることができます。

工数がかからない分、情報発信の頻度を高めることもできます。これはユーザー側のメリットにもなるようです。プッシュ通知などの機能を利用することで、よりユーザーに情報を見てもらうことができます。アプリをECサイトと連携させれば、顧客はより買い物がしやすくなるうえ、店舗側はECサイトの売上を増やすことができます。

店舗アプリをつかったマーケティングは、今や小売店が売上を上げるうえで避けては通れないといえます。小売業者が店舗アプリを作成する際に、もっとも多く活用されているのがアプリプラットフォームです。アプリプラットフォームは安く簡単に店舗アプリをつくることのできるサービスです。

アプリプラットフォームのメリット

アプリプラットフォームのメリットとしてまず挙げられるのは、スクラッチ型と比較して開発費用が安く抑えられること、開発工期も短く抑えられること。

スクラッチ型は、自社用のアプリをゼロから作ります。その分、自社オリジナルの仕様を盛り込むことができて他社との差別化を図ることができます。デザインの制限もないため、妥協することなく最高のアプリをつくりたい場合はスクラッチ開発を選ぶようです。

ただ、スクラッチ型は開発費用として数百万~一千万円程度を見込まなくてはならないうえ、開発工期も半年~1年以上かかります。資金にかなり余裕のある会社でなければ、フルスクラッチの店舗アプリ開発は難しいでしょう。その点、アプリプラットフォームを使えば月額1万円前後から店舗アプリを導入できるうえ、導入にかかる期間も概ね1か月程度です。資金に余裕のない小規模店舗はアプリプラットフォームを有効活用するといいでしょう。

スクラッチ型はアプリが完成した後も、アップデートやサーバー維持などさまざまなコストと工数がかかりますが、アプリプラットフォームであればプラットフォームの提供会社側がアプリのアップデートや保守管理を行うため、店舗側は情報の更新などに注力できます。

また、サポートが充実したプラットフォームであれば、手厚い運用フォローを受けることもできます。アプリプラットフォームの提供事業者は複数ありますが、月額料金だけでなくオンボーディングやサポート、フォローの充実度についても比較することが、店舗アプリ導入による効果を最大化することにつながるようです。

アプリプラットフォームのデメリット

では、アプリプラットフォームのデメリットにはどういったものがあるのでしょうか。まず、そもそもスマートフォンに使い慣れていなければ、アプリをダウンロードできません。メインターゲットが高齢者の場合は、店舗アプリで顧客満足度を高めるのは難しい場合があります。幅広い年代をターゲットとしている場合は店舗アプリを導入したとしても、紙媒体をゼロにするのではなく併用しながら様子をみましょう。

また、それなりにスマートフォンが使えても、容量の少ないスマートフォンを使っている場合はアプリがダウンロードできない可能性もあります。店舗アプリを作成する際は、容量が大きくなりすぎないよう考慮しておくことをおすすめします。プッシュ通信はユーザーにお知らせを気づいてもらううえで有効ですが、あまり頻度が多いと煩わしく感じるでしょう。

そのため適切な更新頻度を見極める必要があります。ユーザー動向の解析を簡単にできるのがアプリプラットフォームのメリットと述べましたが、データを適切に読み取り次の施策につなげるにはある程度の経験値やスキルが必要になります。自社にそうした人材がいない場合は、よりサポート体制に重きを置いたプラットフォーム選びが重要になるようです。店舗アプリは更新が肝になります。アプリの更新作業はそれなりに負担となるため「誰が運用を行うのか」を固めてから導入するとよいでしょう。

 

アプリプラットフォームは、スマートフォン時代の小売マーケティングにおいて非常に重要な要素といえます。ただ、導入すればどの店でも売上が上がるというわけではありません。プラットフォームによってカバーできる顧客数やサポート内容もさまざまです。気になる方はこちらで紹介した内容も参考に、複数のプラットフォーム提供会社から話を聞いて、自社に合ったサービスはどれか比較検討してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム