【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリを作成したら、効果測定は必須!解析ツールと連携できるアプリは?

公開日:2018/09/18  

現在の市場においては、スマホを持っている人が全体の7割にも及んでおり、スマートフォン用の解析ツールと連携することができるアプリの重要性も増しています。また、アプリ開発の敷居も下がってきています。

アプリの種類には色々なものがありますが、そのうちの店舗アプリと呼ばれるアプリの特徴としてはクーポンやイベントをリアルタイムにプッシュ通知配信するなどのサービス提供ができることが挙げられます。

店舗アプリを作成した時に重要なこと

店舗アプリを作成したり、あるいはアプリメンバーズやアプスタなどといった業者が提供している人気の店舗アプリのサービスを利用した場合には、その作成したアプリや利用したアプリによって生まれた効果を測定することが重要となります。やってはいけないのは、アプリを作成するなどをした時にそのまま放置してしまうことです。これでは顧客からのリアルタイムでの反応を得ることはなかなか難しく、うまく経営戦略を立てることができなくなってしまいます。

効果を測定する場合には、ブランド効果測定サービスを利用するのが一般的です。ブランド効果測定サービスの特徴は、依頼者が関わっていたり知りたいブランド名などに関連したネット上の情報接触者数の日次推移などを解析することによって、テレビCMやWeb広告など各種キャンペーン・プロモーションの前後で、ユーザー動向を的確にとらえやすくすることが可能であるため重要視されています。

効果測定用のSDK及び解析ツールと連携できるアプリについて

店舗アプリの場合は、Webと異なる点があり広告経由でアプリを起動したことでの判定が必要です。そのために必要なのは効果測定用のSDKとなります。SDKは、「SoftwareDevelopmentKit」の略でソフトウェア開発キットを指しています。スマホが出始め、アプリ計測ができるようになった初期の目的はアプリがどの広告からインストールされたかを確認するだけの簡単なものでしかありませんでしたが、現在ではSDKの連携が進んだことによって一つのSDKで多数の媒体への出稿が可能になって行きました。

アプリの進化とともに、SDKも進化してきておりどんどん利便性が向上しています。解析ツールと連携できるアプリにはどのような種類があるのかというと、まず多くのアプリでみられるのがCookieと呼ばれるものです。Cookie方式は、通常のブラウザ計測の同じような仕組みとなります。何かしらの広告をクリックした後、計測サーバでリダイレクトを行ってStore(iOS/Andorid)に遷移を行い、その後でアプリをインストールした際に、ブラウザを立ち上げ計測することができます。

もう一つ代表的なものに、広告ID方式があります。広告IDでの計測では、広告をクリックした時にURLへ広告IDまたはそれに代わるキー値を付与してもらい計測サーバでのリダイレクト時にIDを取得するという仕組みです。その後でStoreへ遷移した後にアプリのインストールを行います。インストールを行った後は、計測ツールにて提供されているSDKが広告IDを取得して計測サーバへの通知を行うことで計測するという仕組みです。

広告計測の精度を上げるポイントについて

こうした解析アプリを利用して広告計測を行っていくわけですが、精度が上がらないとリアルタイムでの戦略を練ることができにくくなってしまいます。ですので、広告計測の精度を上げていくことは必須です。では広告計測の精度を上げるポイントに関してはどのようなものが挙げられるのかというと、まずは成果地点の設定をどこにしておくかが重要となります。環境・無料会員登録や資料請求などといった費用が発生しないものや、課金などの費用が発生するものがあり、業種や形態によっても異なってきますがそれぞれに合わせたプロモーション戦略を行う必要があるといえるでしょう。

成果地点が整った場合には、CV測定方法を決めておきます。CVは予定していた予算をどれだけオーバーしているかを表す数値のことです。大型の広告プラットフォームを利用する場合においては、広告計測するためのCVタグを媒体が用意してくれており、その媒体が発行しているCVタグを使うため低コストで済むメリットがありますが、注意点としてそれぞれの媒体で重複CVが発生してしまうなどの理由で実績値との乖離が発生するケースもあります。それを防ぐために、広告効果測定ツールを活用して各媒体の広告の効果を一元管理したり第三者的立場で測定や広告評価を行うようにします。それから、CV有効期間設定も整えておくようにしましょう。こうすることで、公平に媒体評価ができるようになります。

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
店舗アプリコラム