【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリを作成するとどのような効果が出る?

公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/02/07

お店にとっては、顧客数を増やしたり、来店してもらいたい、こうした目的があります。

ですが、きっかけがなければ目的は遂行できないため、店舗アプリを作成することが話題を集めているようで、その効果はどれほどあるのかも気になります。

 

集客アップを図ることも容易にできる

スマホを所持する人は多く、加えてインターネットで商品を購入する人の多くは店頭まで行く理由がなく、そうした機会を作らないお店は閉店を余儀なくされたり、集客ダウンともなっています。

店舗アプリを作成するつもりでも、どのような効果が出るのかが気になります。

先に述べたように、店頭に足を運んでもらえる、そうした集客アップを図れます。

現在、アプリ利用頻度は世界的に大きく上昇しており、最新アプリが続々と登場しています。

ファストフード店でもオリジナルの店舗アプリが作成され、幅広い年齢層の顧客拡大という効果が得られています。

ただ単にアプリを見るだけなら意味はありませんし、ただ単に店頭に足を運ぶだけでも意味はありません。

目的は、アプリを使い、お店でお買い物をしてもらえること、経営者にとっては利益が出なければなりません。

通常、お店で発行するポイントカード、でもアプリにポイントカードをつけておくと来店するだけでスタンプを付与することもできます。

また、お店で使えるクーポンを配布すれば、足を運んでもらえる可能性が高まり、クーポン利用でのお買い物もしてもらえる可能性は大きいでしょう。

スマホユーザーは増加、多くのお客さんが来てくれる可能性も高まりますし、電子マネーの普及からも、財布やカードケースを持たなくとも、アプリならかざすだけ・提示するだけなのも魅力でしょう。

商売繁盛、こうした効果が得られます。

 

スマホ片手でお買い物してくれる

店舗アプリに興味があるものの、本当に効果が出るか不安という人もいるでしょう。

例えば、日本を訪れる外国人の数は上昇傾向ですから、多言語に対応している店舗アプリを作成することで集客アップが見込めます。

スマホ端末の設定に合わせて、表示言語を自動切替してくれる機能ですが、手動切替できれば、最新情報を全世界に配信できます。

特に、観光地では日本人向けの情報発信だけでは追いついていません。

アクセス方法や商品説明について、外国語を使った情報はまだまだ少ないようで狙い目なのです。

例えば、近くにいる観光客がプッシュ通知で情報を受け取れるのなら、来店してくれる可能性が高まります。

今やメルマガの開封率は1%未満、プッシュ通知は60%以上ですから使わない手はありません。

また、独自機能を備えた店舗アプリを制作する業者も存在しています。

アプリ会員をランク分けできる機能、これはスタンプ発行数や来店数などに応じて特典を付けたりできますから、サービス業にこそ特化しています。

得意客を誤認識する、優遇できなかった、こうしたトラブルも回避できます。

アプリ会員は次のランクアップのために、購買行動を起こしたり、来店頻度も増すでしょうから、利益を生む効果が期待できます。

 

必要な事柄を配信できれば顧客を獲得できる

性別や年齢などの属性を収集したり、来店履歴やクーポン発行や利用履歴など、行動ログデータも店舗アプリから収集でき、顧客管理を簡単に行えます。

お店によってターゲット層はバラバラ、ピックアップして特定の層へ向けたクーポン発行や最新情報の配信も容易に行えます。

ということは、来店・行動情報をもとに集客を確保する「集める」効果が得られるということです。

それぞれの店舗に適した属性情報を収集し、管理に活かせます。

従来のメルマガなどでは分かりにくいプロモーション活動の効果、これを簡単に把握したいと思うのであれば、集計情報を分析できるのも魅力になりそうです。

店舗アプリのダウンロード数や配信情報の開封数など、それぞれのプロモーション活動の反響を調べられたりできるのは便利でしょう。

細かく分析すれば、アプリ内コンテンツの有効性を知ることもできそうで、加えたいコンテンツ、削除したいコンテンツも一目瞭然です。

 

店舗アプリを作成する人は少なくありません。

どのような効果がでるかと問われれば、お店に人を呼び込み、お買い物や飲食をしてくれる、利益を生み出してくれる経営の期待が膨らむようです。

スマホ片手で情報発信から管理まで担えるのも特徴です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム