【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリ作成サービスとメルマガの違い

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/09/11

店舗アプリ作成サービスとメルマガの違いは、店舗アプリサービスがさまざまなオプションがあるのに対してメルマガはメールを送信するだけというところです。また、店舗アプリはインターネット環境があればサービスを利用したい顧客全員が利用できるホームページなどが作成できますが、メルマガは顧客に登録してもらわなければ閲覧なりません。

「店舗アプリ」を作成するメリット

店舗アプリを作成するメリットは、「メルマガ」や「ダイレクトメール」などとは異なり開封率が高いことです。そもそも店舗に興味がない人はアプリをダウンロードすることはほとんどなく、常に店舗の新情報を求めている方が利用してくれるというメリットがあります。

アプリへのプッシュ通知を利用すれば、メールのように最新情報を通知することも可能なので、より鮮度の高い情報を提供できるのが魅力です。店舗アプリは商品紹介ページに飛べるリンクを拡散できるようSNSへの投稿ボタンを付けるなどの工夫が必要ではありますが、SNSと連動することでより宣伝効果を高めることができる宣伝媒体となっています。

顧客側のメリットだけではなく、ユーザーの行動履歴を容易に分析できる機能もあるため、在庫管理などもしやすくなるのが魅力です。店舗アプリを多くの人に使用してもらうためには、ポイント機能やクーポンを配布するなどの機能を付けるとよいでしょう。運用には費用がかかりますが、メリットも多い宣伝方法です。

「メルマガ」を作成するメリット

メルマガを作成するメリットの一つは店側の希望するタイミングで、自由に新情報を発信できる点です。たとえばパン屋などで売れ残りが出てしまいそうな時に、タイムセールの宣伝をするなどに利用できます。固定客限定のサービスなどを行いたい時に便利な方法です。

デメリットとしては顧客にメルマガを届けるためには、あらかじめメールアドレスを登録してもらう必要性があるため、新規の顧客を掴みたい場合には向いていません。また迷惑メール扱いをされてしまう可能性があるため、100%情報が届くとはいえない点にも注意が必要です。

画像や動画が掲載しづらく、メールの文章にもコピーライティングの技術がいるので文章を書くのが苦手な人には向いていない方法といえます。メルマガは顧客の情報を管理する能力とメールアドレスがあれば簡単に始めることができるので運用コストを抑えたい方には向いた方法ですが、件名や内容を工夫し最適なタイミングで配信するなどの技術が必要です。

「店舗アプリ」と「メルマガ」の違い

店舗アプリとメルマガの違いは、アプリかメールかという点が大きく異なります。アプリを自分で作成するとなるとプログラミングや運用の知識が必要となりますが、メールを利用するメルマガであればメールアドレスがあり、文章が作れれば比較的簡単に費用もかからずに運用が可能です。

しかしながらメルマガは迷惑メールのような扱いをうけてしまう事から、効果的に宣伝ができるとは限りません。店舗アプリは、そもそも店舗に興味のある方がアプリをダウンロードしてくれるので、鮮度の高い情報を求める方により効果的に宣伝ができます。

SNSへの拡散機能を付ければより宣伝効果を上げることができるほか、行動履歴や年齢層などの情報収集もできるので、新商品の開発にも役立てることが可能です。店舗アプリを運用したいのなら、作成会社に依頼するとより簡単です。それぞれの会社によってオプションなどが異なりますので、自分に合ったものを選ぶようにしてください。

 

メルマガはメールアドレスさえあればあまり費用をかけずに簡単に始めることができるのが魅力ですが、必ずしも読んでもらえるとは限りません。店舗アプリは比べてしまうと運用に費用がかかりますが、顧客へのサービスの提供はもちろん店舗側の情報収集ができるのが魅力となっています。どちらかだけではなく両方行うのもおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム