【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリ作成サービスの納期はどのくらいかかる?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/07

店舗経営をするときにはアプリを活用すると良いことがだんだんと知られるようになり、店舗アプリ作成サービスを使って開発を依頼するケースも目立ってきました。依頼してから運用を始めるまでにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか。店舗アプリの納期について一般的な事情を理解しておきましょう。

依頼の仕方によって納期が異なる

店舗アプリ作成サービスを利用するときには通常は納品の仕方によって二つのプランが用意されています。開発したアプリそのものを納品してもらうプランと、ストアへの登録をしてユーザーがダウンロードできるようにするところまで対応してくれるプランです。

一般的にはアプリそのものを納品してもらうほうが短い期間で納品してもらうことができ、ストアへの登録をしてもらうとかなり納期が延びてしまうことになります。ただ、ストアへの登録のときにはデベロッパーとしての登録をしたり、審査を受けたりするプロセスを経なければならず、慣れていない場合には大きな負担になりがちです。特

に店舗アプリは使用したいけれど、他のアプリを登録する予定はないという場合にはこのタイミングでわざわざ登録方法を学んで実践するのも手間でしょう。そのため、納品が遅くなったとしてもユーザーがダウンロードできるようになるまで手続きを進めてもらうケースも多くなっています。

一般的な納期はそれぞれどのくらいか

それぞれのプランについて一般的な納期がどのくらいなのかを確認しておきましょう。開発したアプリをそのまま納品してもらうプランの場合は1週間から10日程度、ストアへの登録まで済ませてもらう場合には3週間から30日程度になっているのが通例です。

ただ、どのくらいの工数が開発に必要かによってどの程度の期間がかかるかも異なります。多くの店舗アプリ作成サービスでは基本のテンプレートとなるアプリがすでに開発されていて、その仕様をカスタマイズすることで納品する仕組みになっています。そのため、開発のための工数がかなり短く、ストアへの登録審査もすでに類似アプリで実績があるので通りやすい傾向があります。

しかし、完全にオリジナルのアプリを開発してもらうとなると状況は異なり、開発期間が1ヶ月から3ヶ月程度になってしまうのが一般的です。ストアへの登録期間としても1ヶ月くらいを確保しておく場合が多いので、オリジナルのアプリを作ってもらいたいときには注意が必要です。

納期と料金の関係を知っておこう

急いで開発を進めてもらいたいときには交渉をしてみるのが普通ですが、店舗アプリ作成サービスの場合にも短納期での開発に応じてくれることがあります。ただ、納期と料金の関係については留意しておかなければなりません。

短期間で納品できるようにするためにはそれだけ人材を投入しなければならず、場合によっては他社からの依頼を先延ばしにして受け付けてもらうことになります。その負担とリスクの分だけ料金が高くなってしまうのです。コストパフォーマンスが十分に高いかを見極めて短納期での依頼をするかどうかを判断しましょう。

 

店舗アプリ作成サービスの納期は申し込んだプランによって違うものの、1週間少々あればアプリそのものは納品してもらうことができ、ストアへの登録までおこなってもらっても30日程度で良いというのが一般的です。オリジナルのアプリを開発してもらう場合には1ヶ月から3ヶ月くらいの開発期間が必要になる傾向があります。

また、納期を早めてもらうには交渉が必要で、人件費などが余計にかかることから料金が少し高くなります。コストパフォーマンスが高い依頼の仕方を比較吟味して決定するようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム