【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリの作成手段とは?それぞれの方法ごとの特徴を理解しよう!

公開日:2021/11/15  最終更新日:2021/12/02

スマホ時代の有効な集客方法として、店舗アプリはますます注目されています。しかし、店舗アプリを導入するにはメリットだけでなく、デメリットもあります。また、店舗アプリはどうやって作るのか、分からない人もいるでしょう。この記事では、店舗アプリの作成手段とそれぞれの方法ごとの特徴を解説します。

店舗アプリを導入するメリット・デメリット

店舗アプリの導入にはメリットが多いものの、同時にデメリットも存在します。メリットとデメリット、それぞれについて解説します。

メリット

店舗アプリでは、プッシュ通知で新着情報をユーザーにお知らせできたり、アプリユーザーのみのクーポンを利用してもらったりすることができます。SNS連携も可能なので、顧客との接触回数を高められます

その結果、リピーターが増えて売り上げアップにつながります。顧客管理、決済業務も店舗アプリを活用すれば、一元管理できて便利です。

デメリット

誰でも閲覧できるHPと違い、店舗アプリはダウンロードしてもらう必要があります。つまり、顧客にアプリを使い始めてもらうには、ハードルがあるのです。

インストール後も、見づらい、情報が探しづらい、面倒なログイン操作が必要である、プッシュ通知が多い、などでユーザーは不便に感じることもあります。せっかくインストールしてもらっても、アンインストールされてしまうことが少なくありません。

また、アプリの機能や操作について店舗スタッフに問い合わせが入る可能性もあるので、事前にスタッフ研修など対策が必要です。

店舗アプリの作成手段

それでは、どうやったら店舗アプリを作成できるのでしょうか。2つの作成手段と、それぞれの特徴について解説します。

外注する

一般的には、外注がほとんどです。アプリ開発会社はプロなので、ノウハウを持っています。アプリの品質も期待でき、柔軟に対応してもらえます。ただ、イメージのすり合わせなど打ち合わせ作業に手間がかかることや、コストがかさむことがデメリットといえます。

自社で作る

社内にアプリを開発できる人材がいれば、自社で作ることも可能です。アプリ開発用のプラットフォームもあるため、専門的スキルが豊富でなくても簡単なアプリであれば作成できます

コストを安く抑えられるのが魅力ですが、デザイナーなど自社スタッフを大勢確保する必要があります。

店舗アプリの作成を依頼する業者選びのコツ

前述の通り、店舗アプリを作成するとき、ほとんどの場合はアプリ開発業者に作成を依頼します。そこで重要なのが業者選びです。業者選びのときに気をつけたい点について解説します。

店舗アプリの開発実績

アプリの開発実績を必ず確認しましょう。店舗アプリ作成には専門的なノウハウが必要となるので、実績が豊富であれば信頼できます。

開発スピード

一度アプリを作成すると長くユーザーに使ってもらうことになるので、1年後、2年後を見据えて開発する必要があります。

機能などにもよりますが、開発期間は数か月から1年以上と開発業者によってさまざまです。自社のビジネス展開と照らし合わせて、開発スピードがどれくらいかもしっかり確認しましょう。

アプリ運用実績

アプリ開発業者の中には、アプリ制作に特化した会社もあれば、リリース後も運用のサポートをしてくれる会社もあります。自社だけで運用が難しい場合、運用サポートも依頼できるか確認しましょう。

 

店舗アプリの作成手段について解説しました。開発業者に依頼する、もしくは自社で開発するという、2種類の方法があります。それぞれコストも大きく異なるので、どちらがよいかよく検討する必要があります。外注する場合も、注意すべきポイントを抑えて、比較した上で選んでください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム