【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリ作成を依頼する制作会社の選び方

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/01/27


店舗アプリは強力な集客ツールとして使えるので、企業が必要とする機能と顧客が望む機能を用意します。目的を決めたら、アプリの作成を制作会社に依頼することになります。通常のアプリの制作と同様に、会社によって得意にしている分野が違います。実績のある会社に依頼することで完成度を高めて、企業が望むサービスを消費者に提供できます。

特定のジャンルで実績が豊富な会社を探す

企業が思い描く店舗アプリを高い完成度で仕上げるには、制作会社探しが重要です。会社のサイトには、どのようなクライアントの案件を行ったことがあるのか紹介されていることがあります。そのようなページを参考にすることで、制作会社がどのようなアプリの作成に長けているのかがある程度わかります。

店舗アプリでは、クーポンの発行や提示をする機能、店舗の情報を検索する機能、店で販売されているメニューや提供されているメニューを調べることができる機能などが主に搭載されています。そのため、商業施設や店舗との取引実績が豊富な会社を選ぶことが、満足できる店舗アプリを作成する上で欠かせません。

店舗に来店する消費者に適した機能を搭載するノウハウを持っているので、企業にとって理想的な機能を実装することができます。軽量化や最適化を図ることで、どのような性能の端末でも快適に使えるアプリを作成してもらえるので、アプリが使いづらいといった弱点を抱えるリスクを減らせます。

アーキテクチャーを問わずにアプリを作る事ができる会社を探す

スマートフォンやタブレットのOSは、いくつかのアーキテクチャーにわかれています。OSのアーキテクチャーがわかれていると、専用のアプリしか使えないために片方のOSしか使っていないユーザーを除いた消費者を顧客として、囲い込むことができなくなってしまいます。

制作会社探しを行う際には、複数のモバイルOSのアプリの開発を行っている会社を選んでおくと、より多くの顧客の獲得につなげられます。広告と同じように、販促ツールとして店舗アプリを消費者に提供するには、幅広く配布することが重要で、最初からターゲットを絞ってしまうよりも、顧客のニーズの掘り起こしを狙う方が顧客を増やし易くなります。

また、OSのアーキテクチャーの違いによって、開発で使われるツールチェーンも異なるのです。このツールチェーンを効果的に使える会社に依頼することで、ハードウェアやOSの機能を活かした店舗アプリの開発を行ってもらうことができます。老若男女にかかわらず、使い勝手を高めていくには必要な要素です。

アフターサポートが充実している会社を探す

無事に店舗アプリが完成して、企業が顧客にアプリを配布していくと、後からバグが発生して不具合が生じる場合もあります。そのようなときに、直ぐにアップデータを配布することで、問題を解決できる体制を整えておく必要があります。店舗アプリの作成を制作会社に依頼してからも、制作企業との関係は続きます。

バグを解消するためのアップデータを開発してもらうには、アプリを作った企業に行ってもらうのが確かな方法です。店舗アプリが納品された後も、アップデータの提供などサポートが充実している制作会社を選んでおくと、サービスを運営していく段階で安心です。アプリのバグを放置しておくと、顧客からの信頼を失う恐れがあります。

制作会社のサポートを活用することで、多くの問題は解決するので、アプリ納品後も信頼関係を築ける制作会社を選んでおくとよいでしょう。アフターサポートがあまりよくない会社に依頼するのは避けて、アプリで提供するサービスを安定的に運営できる体制を構築していくことが大事です。

 

店舗アプリを作成してもらう際には、あらゆる角度から制作会社を検討していきましょう。アプリの作成や納品だけでなく、その後のサポートまで考えて制作会社を選ぶ事で、安定したサービス運営を継続していく事が可能になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム