【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリの集客効果とは?作成メリットまとめ

公開日:2021/02/01  最終更新日:2020/12/24


集客効果をねらって店舗アプリを作成しようと考えている企業の人は、多いかもしれません。どういった仕様にするか開発はどこに依頼するかということに加えて、そもそも集客効果はあるのかといった疑問を抱いている人もいるでしょう。スマホが普及した現代では一般的な存在となった店舗アプリには、どういった作成メリットがあるのでしょうか。

ポイントカードを忘れたことによる店離れがない

ドラッグストアやスーパーマーケットなど、よく立ち寄る店の条件にはどういったものがあるか。商品の価格が安い、自宅の近くで通いやすいといったこともあるかもしれません。その中に、来店して買い物をするとポイントが貯まって得をするからということも比較的大きな要素としてあるのではないでしょうか。

しかし、ポイントカードをレジで提示して加点してもらう方式にはデメリットがあります。それは、財布にカードを入れるのを忘れてしまうことです。このため、来店してもポイントがもらえないからという理由でその店に立ち寄らない確率が高くなってしまいます。

その点、店舗アプリでポイントを貯める方式にしておけば、いつも持ち歩いているスマホがあればポイントを貯め損なうことはありません。財布にポイントカードを入れ忘れるより、スマホ自体を忘れて外出する確率のほうが低いでしょう。ポイントを貯める機能のある店舗アプリを開発すれば、顧客が継続して来店してもらえる確率も高くなります。

顧客のニーズを細かく汲み取ることができる

実店舗を構えて商売をする場合に問題となることの1つに、適切な在庫をキープできないことがあります。たとえば、コスメ売り場において夏場に顧客がより多く求めているのは日焼け止め対策商品なのか、制汗剤なのか、それとも汗に強い化粧品なのかといった問題があります。

ダイエット食品に関しても、同じように手軽でもサプリメントと健康ドリンクのどちらを顧客がより必要としているか把握しにくいものです。見込みを間違えて発注してしまうと、余剰在庫を抱えることになります。その点、店舗アプリを作成すればアンケート機能を用いてあらかじめ顧客のニーズを把握でき、求められている割合に応じて商品を入荷すればよいので無駄が発生しにくくなります。

アンケート機能を使えば、普段利用している客の男女の比率のどちらが多いのか、年齢層にどのような分布があるのかも把握できるので、店内に並べる商品をより細かく的確に選定することにも役立つでしょう。

お得な情報をタイムリーに無理なく発信できる

他の店舗ではなく、そのお店に客が集まる要因として大きなものは、やはり安い価格で商品が手に入るということがあるでしょう。ただし、無計画にただ値引きをしても集客率が悪ければ利益にはつながりません。店側としては在庫を一掃したい時期やボーナス時期に、チラシや広告などで売り込みたいところでしょう。

しかし、顧客の都合も考慮せずに一方的にチラシなどを配っても読まれないことが多いかもしれません。店舗アプリを作成しておけば、顧客がスマホを使っているときに値引きセールなどの情報をストレスなく伝えることができて便利です。

スマホに通知を送信しておけば、受信時は多忙で読めなくても後で情報を確認できます。また、チラシなどの紙媒体を配布する場合は物理的に配ることができる範囲が限られてしまいますが、ネットを経由した通知であれば距離を気にせず一斉に発信できます。広告だけではなく同時に割引クーポンも発信すれば、より集客率のアップが期待できます。

 

店舗アプリを使って集客効果を上げる方法はたくさんあります。ただし、いくら便利な機能が開発できるからといって過剰に情報を配信しては受け取る顧客側のストレスになるだけです。たくさんある機能の中から、顧客にとってメリットとなるものを厳選して活用するのが集客率アップのコツです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム