【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリで作成すべきクーポンの種類と効果的な配布タイミング

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/09

今やお得に店を利用することができるアイテムとして、クーポンの利用は消費者にとって当たり前となっています。その分、お店としてはどのようなクーポンを作成するのが売上アップにつながるのかを考えて種類を決めることが重要となりました。 さらに、クーポンの作成が売上アップにつながるように店舗アプリの配布のタイミングを考える必要もあります。

集客力と利益アップにつながるクーポンの作成

スマートフォンの普及により、これまでのお客さんの囲い込みにもっとも効果的だったポイントカードやスタンプカードが姿を消し店舗アプリが主流となっています。店舗アプリを取り込むことによって、お店をお得に利用できるクーポンの配布が行われることを消費者は知っていて期待しているからです。クーポンの存在がお店の利用を左右するとなれば、お店を知ってもらうのはもちろん、売上アップにもつながるためまさに一石二鳥です。

その一方でクーポンを配布することで売上が落ちたり、思うように収益が上がらないという声も多く聞かれます。 クーポンを配布する分だけ安い値段で提供することが売上ダウンにつながることから、これを避けるためには作成する内容に注意が必要です。もっとも効果的に集客ができ、さらに売り上げダウンにつなげないための必須条件に有効期限を設けることは不可欠です。これによって期限内に使わないともったいないと感じさせることができ、集客につながります。

魅力的な内容と有効期限の組み合わせがベスト

有効期限を設けることでこの期間内に行かないともったいないという気にさせ、来店を促して集客力をアップという結果をもたらす可能性が高まりますが、内容そのものが魅力的でないとそもそもの集客につながりません。

飲食店の場合なら、仕入れにかかる費用が少ない飲み物をお得に提供することでラッキーと感じてもらい、飲み物とセットで利益率の高い食事をしてもらうことで売上アップになります。とはいえ、飲み物をお得に提供するという内容が魅力的でなければ、売上につながる来店は見込めません。

高価な飲み物を半額にすることが喜ばれるのか、それとも元々が手ごろな価格帯ではあるけれど、完全に無料にすることがお得と感じてもらえるのかといった具合に、内容の吟味は必須です。内容が魅力的なら、期限を設けてあるクーポンであっても、お得な期間に使いに行かなくてはと思ってもらえるようになります。内容と有効期限をうまく組み合わせることが、魅力的なクーポンを作成する際の必須条件です。

配布するタイミングが重要な理由

誰もが使いたくなる内容に仕上がったクーポンを作ることができたら、次は配布するタイミングを考えることが重要です。世の中のほとんどの人がカレンダー通りで働いているため週末が休みで、学生なら土日祝日の他にもまとまった休みがあります。

誰をターゲットにするかによって、店舗アプリからのクーポンの効果的な配布のタイミングは分かれますが、週末の予定が立てやすいタイミングでの配布がベストと考えられます。曜日でいえばそろそろ週末の予定を立て始める木曜日あたりがベストです。

木曜日頃に店舗アプリからお得なクーポンが届いたら、休み前の金曜日の仕事終わりに飲食店に行こうということになりますし、土日が休みという人にお得な料金で買い物ができるタイミングで送れば、週末の予定に買い物を組み込んでもらえるといった具合です。平日が休みとなるサービス業の人は取りこぼすことになるのは痛いところですが、利用が多い層を狙うのが効果的と言えます。

 

今後は携帯電話のすべてがスマートフォンになるだけに、店舗アプリから配布されるクーポンの内容が魅力的かどうかが集客と売上に大きな影響を与えるのは必至です。魅力あるクーポンを作成し最適なタイミングで配布する戦略が求められます。

おすすめ関連記事




サイト内検索
店舗アプリコラム