【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

飲食店を中心に人気!店舗アプリには事前決済機能があると便利!

公開日:2022/05/15  最終更新日:2022/06/01


飲食店を経営しているのであれば、店舗アプリは既に導入されているという方も多いかと思いますが、事前決済機能はまだ利用していない店舗が多数です。ここでは最近注目を集めている事前決済機能について、どんな機能で、店舗アプリにつけることでどのようなメリットがあるのか、導入前の注意点など気になる内容をまとめてご紹介します。

事前決済機能とは

事前決済とは、ホームページや店舗アプリを通じてサービスや商品を予約した際、クレジットカードや電子マネーを使い、会計を事前に済ませておくことのできるシステムです。マクドナルドのモバイルオーダーが代表的な例です。顧客はレジに並ぶことなく店舗でスムーズに商品を受け取ることができます。事前決済機能は店舗側と顧客側の双方にメリットのあるシステムです。顧客も電子決済や事前決済の操作に慣れ、需要が高まっている状態で、大手の飲食チェーンなどでは既に導入済みの会社も増えてきています。

店舗アプリに事前決済機能をつけるメリット

次に、事前決済機能のメリットについて詳しく説明していきます。まず、店舗側のメリットとしては無断キャンセル防止があげられます。インターネットサービスを通じて、簡単に予約ができるようになった一方で無断キャンセルも増えました。繁忙期に団体の予約客が無断キャンセルしたことで食材が無駄になるなど、無断キャンセルによる店舗の被害はかなり大きなものになります。事前決済システムは事前に会計が行われているため、無断キャンセルによる被害リスクを軽減することができます。

また、事前決済機能は外国人観光客の需要にもマッチしています。海外では日本よりもキャッシュレスサービスが一般的になっています。盗難に遭わないためにも、決済は自宅で済ませ、現金は基本的に持ち歩きません。ホテルだけでなく飲食店についても、事前決済の需要があるため、事前決済機能を用意しておくことで外国人観光客の来店につなげることができます。来店時の会計で、不慣れな外国人とやりとりをする手間を減らすこともできます。事前決済をしておくことでレジに割く人員を減らし、その分他の業務に従事させることで来店した顧客の満足度を高めることができます。

事前決済時にメールアドレスなどの顧客情報を得られるのも事前決済のメリットです。顧客宛にダイレクトメールを送ったり、来店客分析に活用したりしてリピーターを増やす施策をうつことができます。事前決済機能は顧客側にもメリットがあります。現金を持ち歩く必要がなく、通常のレジに並び注文して会計をするという手間を省くことができます。事前決済サービスの利用者向けの特典などを用意することで、事前決済の利用者を増やしたり、リピート率を高めたりすることもできます。

事前決済機能を導入する前に気をつけたいこと

事前決済機能があったとしてもキャンセルがゼロになるわけではありません。既にお金を支払ったうえでのキャンセルはトラブルやクレームにもつながりやすいので、返金やキャンセル料金、キャンセル期間といったキャンセルポリシーは明確にしておきましょう。複雑な規定は認識の齟齬を生みトラブルの原因となるため、なるべくシンプルな規定となるよう心掛けましょう。また、キャンセル規定が厳しすぎると予約を躊躇する顧客が増えてしまうため、あまり厳格なキャンセルポリシーはおすすめしません。

次にセキュリティ対策です。クレジットカードなどの決済情報の流出は顧客にも店舗にも大きな損害を与えます。スタッフの情報保護教育をはじめ、セキュリティ対策は万全にするよう心掛けてください。事前決済はシステムを入れれば終わりではなく、顧客が来店した際のオペレーションも重要ということも覚えておきましょう。せっかく事前決済をしたのに、店舗で一般のレジに並ばなくてはならなかったり、店員が事前決済を把握していなかったりすると顧客満足度は逆に落ち込んでしまいます。事前決済の顧客が来店した際はどこに案内するのか、どのようなフローで商品を渡すのかなど、店舗側のオペレーションも固めておきましょう。

 

事前決済システムはこれからますます広がっていくことが考えられます。早めに導入することで先行者メリットを得ることもできます。店舗を経営されている方はやこれから開店するという方は、こちらで紹介した内容を参考に、ぜひ事前決済機能の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム