【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリを作成したら発信する情報内容を考えよう

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/12/24


日本ではスマートフォンを持つ人が非常に多く、日常生活に欠かせないツールになっています。店舗運営をする上で、集客ツールとして店舗アプリを導入する際には、顧客に有益になりそうな情報の内容を考えて発信していかなければいけません。また企業にとって、注目を集めたい商品やサービスの情報を発信して利益を増やしていくことも可能です。

用途に合った店舗アプリの作成を行う

集客ツールとして店舗アプリを作成するには、ターゲットが何を望んでいるのかを考え、企業が顧客に提供したいサービスを用意します。来店してもらいたいならクーポンを用意することで、割引を目当てに顧客が来店してくれる環境を整えられます。

各種情報を発信する機能を備えておけばいち早く顧客に知らせたいことをリアルタイムで知らせることができます。店舗情報を掲載するときにはアクセスの方法や駐車場の情報の他に、地図機能も搭載しておくと便利さが増します。ポイントサービスと連携している店舗アプリもあり、来店時に自動的に来店ポイントが付加されたり商品を購入時にポイントが還元されたりと、顧客がお得と思えるような仕組みを用意しておくと集客力を高められます。

また、店舗アプリを作成する際には動作が軽い作りになっている方が顧客に利用され易いです。複雑なUIよりもシンプルで直感的なUIの方が消費者に好まれます。使い勝手に関しても考えて作成していく必要があります。

消費者に伝えたい事を明確にしておく

消費者が作成した店舗アプリを何度も使ってもらうようにするには、使いたくなるお知らせを常に提供していかなければいけません。商品やサービスのクーポンやタイムサービスの情報はできるだけ安く購入したい、利用したいと考えている人々に有益です。

新商品をアピールしたい時にはテーマ性を打ち出しておくと目立たせることができるので、テーマを設定しておきましょう。季節に合わせておすすめしたい商品やサービスをアピールすれば、消費者は興味を持ち試してもらえる可能性が高まります。たくさんの内容を盛り込んでしまうのは逆効果になることが多いです。

内容に優先順位をつけておくことで、わかり易く情報を整理し伝えていくことができるのです。企業側が内容をしっかりと把握していなければ伝えたいことはうまく伝わりません。要点をまとめて伝えていくことで消費者に内容が伝わっていきます。店舗アプリは宣伝ツールであり、広く宣伝を行うのに効果が期待できます。

店舗アプリで発信する内容を考える

店舗アプリで発信する情報の内容を考える際には、新商品情報やお得情報や店舗改装の情報などを中心に組み立てていきます。消費者はよい物を安く買いたいと考えていることが多いです。セール品やキャンペーンなどを展開していくのであれば、そのお知らせを発信する事で顧客が来店したいと思わせる魅力を出せます。

新商品に関する情報であれば、新商品の特徴や魅力をアピールしていきます。その商品が既存製品と比べてどのような点で優れているのかを紹介していくことで、消費者の興味を惹くことができます。消費者の用途によっては新商品が魅力的なものに感じることもあるでしょう。

店舗改装のお知らせは多くの顧客を集める大きなチャンスです。セール情報や改装後はどのような物を取り扱うのかといった点を強調すれば、常連客だけでなく新規の顧客にも興味を持ってもらえます。店舗アプリをインストールしている顧客に常に新しい情報を提供することで、囲い込みを行えるのです。

 

店に来店してもらうには、客のニーズに応える必要があります。店舗アプリに掲載する情報次第で顧客が来店してくれるかどうかが決まってきます。載せる内容をしっかりと考えておくことが大切で、内容のバランスを考えて作成するようにするとよいでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム