【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

複数店舗を管理できる店舗アプリ作成サービスの魅力

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/11

複数店舗を管理できる店舗アプリ作成サービスの魅力は、なんといっても資産管理のしやすさです。複数店舗をまとめられない場合は店舗ごとに集計を行わなければなりませんが、複数店舗を管理できる店舗アプリを作成すれば一度に管理がしやすいだけではなく、各店舗の特徴を掴めるので今後の店舗経営にもデータを役立てることができます。

店舗アプリ作成のメリット・デメリット

資産管理はパソコンの計算ソフトを使った方法もありますが、店舗アプリを作成すればより簡単にデータを管理できるのでおすすめです。基本的にアプリはクラウド上にデータを保存することになりますので、パソコンとは異なりいつでも好きな時に好きな場所で使う事ができるのも魅力となっています。

店舗アプリ作成には運用や開発に費用が多くかかるなどの、メリット・デメリットがあるのでそれを踏まえることが大切です。店舗アプリ運用の一番のネックは、顧客にアプリをダウンロードしてもらわなければならない点です。

店舗側は登録情報をもとに、どんな商品がどの季節に売れるのかなどの調査を行えますが顧客側にはさほどメリットになる要素ではありません。そのためアプリをダウンロードしてもらうための特典をつけるなどの工夫が必要となります。個人情報や位置情報が伝わることを嫌がる人も多いので、それを上回るだけのメリットを用意しましょう。

複数店舗を経営しているのなら複数店舗を管理できるタイプを

店舗アプリには個人経営向けの他に、チェーン展開をしている店舗向けの複数店舗を同時に管理できるタイプのものもあります。このタイプのメリットは、ブランド全体の資産運用を同時に管理できることです。チェーン店は複数店舗の備品発注を一括化することで経費を安くできるなどのメリットがありますが、売上げ集計や発注の管理を経営側のみで行おうとすると作業が集中してしまうというデメリットがあります。

情報が店舗ごとにバラバラになってしまうと、サービスの質が店舗ごとに変わってきてしまうおそれもあるので注意深い管理が必要です。その点アプリを利用すれば各店舗に必要な情報を一斉送信できるほか、チェーンの店舗情報をアプリに集約して管理することで、店舗ごとの特色を見つける事もできます。

顧客にとっても店舗ごとにアプリを出されてしまうと、どの店舗がどんなサービスを提供しているのか分かりにくくなるのでまとめて情報を見られるようにすることで分かりやすくなるというメリットもあります。そのためチェーン展開をしている場合には、複数店舗を管理できるタイプがおすすめです。

複数店舗を管理できるタイプのアプリ選択のポイント

複数店舗を管理できるタイプのアプリはブランド全体の顧客情報の集約や分析ができるだけではなく、店舗ごとにあったサービス運用も可能です。年齢や性別、時間帯にあった運用ができれば、よりコストを下げることもできます。アプリによっては機能が異なるため、企業にあったものを選ぶことが大切です。

店舗に来店しなくても顧客と1対1で連絡を取り合うことができるトーク機能があるものや、実店舗への道のりを案内してくれるナビ機能が付いたもの、店舗ごとにメニューを表示できるものであれば店舗ごとに特色をもったサービス展開もできます。

ポイントやスタンプ機能をつけることで、顧客層を取り込むなどの運用もできるので必要な機能を把握してから選択することが大切です。店舗アプリは企業側が情報収集を行う事ができる便利なものですが、顧客側にもメリットを提供する必要性があります。店舗アプリを運用するときにはブランドの事はもちろん、顧客の使いやすさも踏まえるようにしてください。

 

チェーン店が店舗アプリを使う場合には、複数店舗を同時に管理できるタイプを選択しましょう。各店舗の顧客情報を一括管理できるだけではなく、情報をもとに店舗ごとの特色にそったサービス展開もできるのでおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム