【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリの導入に失敗しないために意識するべきポイントとは?

公開日:2021/08/01  最終更新日:2021/10/06

店舗アプリは、集客の可能性を広げてくれるスマートフォンアプリです。近年、さまざまな企業や店舗が独自の店舗アプリを開発し、集客アップを目指しています。ただし、正しい知識を持たないと、せっかく開発した店舗アプリも最大限に活用できないかもしれません。今回は店舗アプリの導入に失敗しないために意識するべきポイントを解説します。

集客目的で店舗アプリを導入する利点

店舗アプリは、ポイントカード機能が付いています。従来のポイントカードと違って、持ち歩く必要はありません。店舗アプリがすでにダウンロードされていれば、お財布の中に入っているポイントカード次第で行く店を決めるということがなくなるため、来店する可能性が上がります。

また、SNSと連携すればポイントカードの周知はもちろんのこと、クーポンの紹介やお得情報などさまざまな情報を発信することが可能です。

インターネットが普及していない時代は、来店や広告以外で顧客とつながる方法がなかなか見つかりませんでした。しかし、スマホが普及し、インターネットが身近になった現在では、顧客との接点を掴みやすくなっています。

さらに、店舗アプリの利用状況を計測や分析することが可能です。たとえば、来店回数やクーポンの利用状況など顧客の履歴が分析可能、こういった細かいデータを活かせば顧客に合わせたよりよいサービスの提供が見えてきます。

店舗アプリの作成を依頼する業者選びのポイント

自社の店舗アプリを作成してもらう業者を選ぶときは、開発実績などをもとに業者を選びましょう。

■開発実績

どのような開発実績があるのかは、重要な選定ポイントです。単純にスマホアプリといっても、さまざまな種類があるため、今までどのようなアプリ作成に携わってきたのかを確認しておきましょう。もちろん、店舗アプリの開発実績の有無は必ず確認することが大切です。

■アプリの運用経験

店舗アプリを作成した後のことも、考えておく必要があります。なぜなら、店舗アプリが完成しても、自社で運用できるのかという問題があるからです。そもそも自社内にアプリに詳しいスタッフがいれば問題ありませんが、いない場合はしっかり運用できるのかどうかは疑問です。

アプリ作成会社の中には、作成のみの会社やリリース後の運営も行う会社があります。自社に運用ノウハウがないときは、運用も可能なアプリ開発業者がいいでしょう。

■開発から導入までのスピード

アプリ開発業者の開発スピードにも着目しておきましょう。アプリの開発期間は、アプリ開発業者によってバラバラです。早いところで数か月程度、なかには1年以上かかるところもあります。

大切なのは、いつ導入するつもりでいるのかです。半年後の導入を検討しているにもかかわらず、1年以上かかった場合は最も適した導入時期に間に合いません。

店舗アプリの導入に失敗しないためには?

店舗アプリは、新規顧客やリピーターを獲得する上で非常に有効な手段の一つです。しかし、満足する店舗アプリを手に入れて最大限に活用するためには、情報収集が必要不可欠です。

たとえば、開発費用、開発までの時間、基本的な機能など細かく情報を収集しておきましょう。このような下調べを疎かにすると、利便性が悪くなり、最終的には顧客に選ばれない店舗アプリになってしまいます。

店舗アプリを開発してもらうときは、多くの業者を比較しながら選ぶようにしてください。

 

店舗アプリを導入するときは、要点をしっかり押さえ、どのように活用していくのかを考えておきましょう。また、ある程度考えがまとまったら、アプリ開発業者の選定に入ります。アプリ開発業者もそれぞれ得意分野が違うので、過去の実績などから最適なところを選ぶことが大切です。店舗アプリを上手に活用できれば、今まで悩んでいた集客も解決へ向かいるため、導入を検討してみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム