【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗アプリの作成は集客につながるのか?

公開日:2019/01/15  最終更新日:2019/07/17

店舗アプリの作成はそのまま集客に直結します。

実店舗への集客ツールとして考えられるのは、新聞広告・DM・フリーペーパー等が主流でした。

それがインターネットの普及により、バナー広告や直接お客様へ届くメールマガジンという広告媒体が生まれ、また、スマホの普及により、より簡単に情報が手に入るようになりました。

店舗アプリの作成はそのようなスマホ時代に最適な集客ツールと言えるでしょう。

 

クーポンやイベント情報がタイムリーに更新できる

店舗アプリは、その店舗が自由にクーポンやイベントの情報を更新・発信することができます。

クーポンも「1日限定」や、「~月~日まで」といった様々な形のものが作成できるので、その店舗ならではの独自性をアピールできます。

また、店舗でのイベント情報をこまめに発信することは、そのまま実店舗への集客に直結します。

修正・追加等の更新も、パソコンを使わなくても、出先でも、スマホですることができます。

クーポンとイベント情報のタイムリーな更新・発信で常に新しい情報をお客様へダイレクトにお届けすることが可能となります。

店舗アプリの更新情報等も、そのままプッシュ通知配信もできるものが多いので、お客様がお得な情報を見逃す心配も少ないです。

LINEやFacebook、Twitter等のSNSサービスと連携することもできるので、お客様の口コミで情報が広がり新規のお客様の獲得もできます。

アプリのダウンロード数だけでなく、プッシュ通知開封率やクーポンの利用状況などの情報も簡単に確認できます。

 

動画配信でお店の魅力を紹介できます

店舗アプリの中には動画配信もできるアプリもあります。

画像では伝えにくい情報を動画にすることで、よりリアルにお客様へ伝えたいことが可能です。

例えば、スーパーマーケットの食品売り場だったら、お店での各売り場での買い物からその食材を使った料理を作るレシピまでをそのままお届けすることができます。

食材だけではイメージしにくいものでも料理という形になるとまったく違います。

衣料品売り場だったら、お店で販売している服を使ったコーディネートを提案し、お客様へお届けすることもできます。

画像や広告では直接伝えることが難しい業種であれば、動画配信はお客様へ接自社の商品の魅力を伝えることのできる最適な広告ツールと言えるでしょう。

Youtubeと連携させることができるアプリもあります。

再生回数という目に見える形での広告効果を実感することができます。

お店独自のブランド紹介やイベント紹介などを動画として配信してお店の魅力を紹介することで、それを見たお客様が実店舗へ足を運ぶという流れを作ることができます。

 

アプリストアからの新規集客もできます

AppStoreやGooglePlayといったアプリストアに登録することで、そこからの新規の集客が期待することができます。

実店舗を知っているお客様だけではなく、新規のお客様の獲得も見込めます。

アプリストアのストア検索でも業種やエリア検索などで上位に表示されるように開発されているアプリもあります。

店舗アプリを探しているお客様の目に届きやすいように工夫されています。

アプリのアイコンのデザインなどもお店独自のものを作っても良いですし、デザイン会社やデザイナーに依頼して目を引く新しいものを作ることもできます。

実店舗をまったく知らないお客様が最初に目にするものですので、実績のあるところに依頼しましょう。

手続きが煩わしい登録申請等もアプリ会社が代行してくれるところが多いです。

登録後のサポート体制も充実している会社が多いので安心です。

アプリストアの登録はそのままお店の認知度向上に直接繋がります

実店舗を知らない新規のお客様の獲得がお店の集客に直接繋がるため、その最初の窓口となるアプリストアの登録申請手続き等でどこのアプリ会社にするか判断しても良いでしょう。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム