【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

店舗に導入するならアプリとWebサイトどちらがおすすめ?

公開日:2022/01/15  最終更新日:2021/12/02

ネットを利用した集客の方法として、Webサイトとアプリがあります。最近はSNSで口コミが広がることが多いので、ネットを活用した宣伝はとても重要です。この記事では、店舗に導入する際に、アプリとWebサイトどちらを選ぶのがよいかまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

店舗がアプリを使って集客するメリット・デメリット

店舗アプリには、ネイティブアプリと呼ばれるものと、ハイブリッドアプリと呼ばれるものがあります。どちらもスマートフォンにアプリをダウンロードすることで使えるという点は共通しています。それぞれのアプリの異なる点は、使い勝手のよさや費用です。

ネイティブアプリは、見た目がとても綺麗で、デザイン性が高いです。操作もしやすくスピーディーに動くので利用者が使いやすくなっています。しかし、開発費用は高くなってしまいがちです。

ハイブリッドアプリは、Webを併用するアプリです。公式アプリと呼ばれるものもこれにあたります。開発費があまりかからず、操作もしやすいので初めて店舗アプリを作る際は、こちらを選ぶ店舗も多いです。

店舗アプリのメリットは?

店舗アプリのメリットは、常にスマホ画面の中に表示されるので、チェックしてもらいやすいという点です。Webサイトの場合は、検索してサイトに入らなければ情報を確認することができませんが、アプリはスマホの画面に常に表示されていることで、気になったときにすぐに確認できます。お知らせ機能、通知機能でより見てもらいやすくなるでしょう。

店舗アプリのデメリットは?

店舗アプリのデメリットは、ダウンロードしてもらえないことがあるという点です。アプリはダウンロードが面倒、スマホが重たくなるのが嫌という理由で、ダウンロードしてもらえないことがあります。ダウンロードすることで特典があるなど、ダウンロードしてもらいやすくする工夫は必要でしょう。

店舗がWebサイトを使って集客するメリット・デメリット

Webサイトは、ブラウザで閲覧する店舗のホームページです。インターネットに接続すれば誰でも見ることができます。

Webサイトのメリットは?

Webサイトのメリットは、検索してもらいやすいという点です。アプリのようにダウンロードしなくても使えるので、気になったときにチェックしてもらうことができます。

できるだけ自分の店舗が上位に表示されるようにSEO対策はしっかり行う必要があるでしょう。アクセス数が増えれば、店舗の売上にも繋がります。まずはアプリを作る前にWebサイトを作るというお店も多いです。

Webサイトのデメリットは?

Webサイトのデメリットは、アプリのような通知機能がない点です。お知らせしたい情報を、すべてのお客様に伝えることが難しくなります。また、利用者が固定客に限定されやすいという点もあります。

アプリとWebサイトの違い

アプリとWebサイトには、どのような違いがあるのでしょうか。まず、利用環境が異なります。アプリは、ソフトウェアなのでダウンロードしなければ使うことができません。Webサイトはブラウザで表示させるので、インターネット環境があれば利用できます。

それぞれメリット・デメリットがあるので、それらを踏まえた上で、どちらを導入するのか、両方利用するのかということを検討するとよいでしょう。なお、どちらを制作する場合も、プロに依頼するほうが安心です。

 

店舗の集客のために役立つアプリやWebサイトについて、それぞれの違いや特徴を紹介しました。導入の際は、それなりのコストがかかります。自分たちで制作するとなると、仕上がりが満足できるものとならない場合がありますので、専門業者に依頼しましょう。まずは予算を決めて、予算内で制作してくれる業者を見つけるようにしてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
店舗アプリコラム