【店舗アプリの作成業者おすすめ5選!】口コミでも評判の集客に役立つお店のアプリを制作してくれる業者をランキングでご紹介!

前へ
次へ

店舗アプリ作成業者ランキング!

時代に適したプロモーション・集客活動!店舗アプリを検討しよう

店舗の数や規模を問わず、運営しているお店の顧客はできるだけ増やしたいものです。新規集客を増やしたり、常連の数を増やしたり、それが売上とより良いサービスへつながっていきます。

しかし、「集客を増やそう」と考えても一筋縄ではいかないですよね。チラシを作成してみたり、メールマガジンを始めてみたり、様々な取り組みを実施してもそれほど劇的な効果を見込めるケースは多くありません。

そんな時に検討したいのが「時代に適したプロモーション活動」として注目を浴びている店舗アプリです。スマホユーザーの数は急速に拡大していて、しばらくするとパソコンユーザーの数を超えるのではないかとも言われています。「今の時代はホームページもスマホで見やすいレスポンシブデザインにしなければならない」と叫ばれ続け、もはやそれがWebサイトの前提と言っても過言ではない状況になっています。店舗ホームページをレスポンシブデザインにしたら、次のステップになるのが店舗アプリなのです。

店舗アプリを活用すればユーザーへ最新情報を発信しやすいのはもちろん、ポイントカードやスタンプカード発行のコストを抑えることにもつながります。それ以外にも様々なメリットのある店舗アプリ。こちらの記事ではおすすめの店舗アプリ作成サービスを紹介しています

店舗アプリ作成業者ランキング一覧!

機能性・デザイン性・コストの全てがハイクオリティ

比較ランキング第1位は、アイユー株式会社が提供するアプリメンバーズです。アプリメンバーズはコストと品質のバランスが最もいい店舗アプリ作成サービスで、通常であれば数百万円は必要になるアプリ開発費用が0円となっています。

業界でも優良的な月額費用で店舗アプリを運用でき、プランによる機能制限もありません。どんな機能を使用するのにもオプション費用は不要で、店舗アプリを運用するための機能が全て搭載されています。

プッシュ通知や会員証・ポイントカードなどの機能が備わっているのはもちろん、複数のユーザーを交えてグループでトークを行うことも可能です。

アプリのデザイン性でもハイクオリティな水準となっていて、洗練されたデザインを高い自由度のもとでカスタマイズ可能です。利用の際は必ず1名の専属サポート担当者がつくため、PCやスマホが苦手な人・不慣れな人でも簡単に導入できます。

顧客管理の面でも特徴があり、管理画面1つだけで複数店舗を管理できるという強みもあります。管理する店舗数によって追加費用がかかるという事もないので費用を抑えて運用することが出来ます。また、専属のサポートが1名付いてくれるので、ネット販促初心者の方も安心して運用出来ると言えます。ポイントについても、会員登録からポイント付与まで一括してアプリ内で完結することが出来るので、カード発行のコスト削減は勿論ですが、お客様がカードを失くしたり忘れてしまったという場合にも、アプリ内でポイント付与が可能なので利便性が高いと言えます。

わかりやすい2つの料金プランと800以上の制作実績

比較ランキング第2位は、株式会社ドリームネッツが提供するアプスタです。

「独自マーケティングのために店舗アプリを導入したい」という方から選ばれている店舗アプリ作成サービスで、これまでに800以上の制作実績があるので安心して任せられます。

料金プランは2種類とシンプルになっていて選ぶ基準もわかりやすいです。用意されているのは「バリュープラン」と「エンタープライズプラン」で、どの程度の店舗展開があるかによって選択するといいでしょう。

初期費用は100,000円と安く、最低契約期間が1年と短いのも導入しやすいポイント。店舗アプリを運用するために必要な基本機能は全て搭載されているので、「独創的なアプリを運用したい」という場合でなければ利用価値は十分にあります。

搭載されている機能について具体的に説明すると、店舗アプリの最大の利点であるプッシュ通知やクーポン配信機能があります。従来の情報配信手段であるメールマガジンよりもプッシュ通知の方がはるかに開封率は向上しているとされ、店舗アプリから通知を送信することで顧客の来店を定期的に促すことができます。配信するクーポンには有効期限を設けることができるほか、誕生日に自動でクーポンを配信してくれる機能もついています。

そのほかにもポイントカード機能やトーク機能など、アプリを便利にする機能はまだまだあります。アプスタで店舗アプリを導入するとマーケティングに役立つのはもちろん、顧客管理をしやすくなるというメリットがあります。会員登録をアプリ上で行うことにより店舗側が顧客管理システムへ入力する手間が省けるほか、利用者が会員登録をしてすぐにクーポンを得られるなどのメリットがあります。

このように、店舗アプリを導入することで顧客管理はより簡単になるのです。

多言語対応のほか充実した独自の機能が魅力

比較ランキング第3位は、GMOデジタルラボ株式会社が提供するGMOおみせアプリです。

データを最大限に活かしたO2Oマーケティングを実施する強い味方になってくれる店舗アプリ作成サービスとして、1,800社以上の導入実績を持っています。多言語に対応しているため、インバウンド対策を取り入れて店舗アプリを作成したい方に適しています。

また、独自の機能が充実していることも特徴で、他社では利用できない機能も豊富に用意されています。アプリダウンロード時に属性情報を収集できる機能や、Google Analyticsを用いた解析機能が搭載され、顧客情報の収集と管理をより高度に行うことが可能です。

もちろん最新情報やクーポンを簡単に配信できる機能も搭載されている上、スクラッチクーポンや誕生日クーポンなどほかとは一味違ったクーポンを配信できます。メールマガジンより圧倒的に効果を見込めるプッシュ通知機能も備わっています。

GMOおみせアプリ独自の機能である「ランク分け機能」を使用することができ、最大5種類までランク分けを自動で行ってくれます。このようにロイヤルカスタマーの育成にも役立つ店舗アプリを作成してくれ、集客対策として大きな効果を期待できます。ただし、安いプランだと機能制限が多くあまり使い勝手がよくない点がデメリットで、魅力的な機能もオプションでつけなければならない場合が多いので注意。

店舗アプリ運用に必要な機能が全て詰まっている

比較ランキング第4位は、株式会社USENが提供するUPLink(アプリンク)です。

UPLink(アプリンク)は10年以上のメディア運営に基づいて、店舗と顧客がもっと身近になる店舗アプリ運用をサポートしてくれるサービスです。搭載されるのは大きく分けると「アドバンス機能」「標準機能」「管理機能」の3つに分けられ、それぞれが店舗アプリ運用に欠かせない要素となっています。

アドバンス機能は主に顧客再来を促進するための機能となっていて、スタンプカードやポイントカードの機能はこちらに含まれます。スタンプカード機能を使えば現実世界でのスタンプカードに当たる特典を全てアプリ内で実現でき、ポイントカード機能にも様々な使い方が用意されています。顧客にとって「たった1つのアプリでスタンプカードとポイントカードを持てる」というメリットがあり、現実世界でカードを発行するよりも圧倒的に使いやすさを向上させることが可能です。

そして、標準機能には店舗アプリ運用に欠かせない機能が全て詰まっていて、有効期限付きのクーポンを発行できたりメニューを記載できたりと使い勝手はバツグンです。

これらアドバンス機能と標準機能を運用するための機能が管理機能で、直感的な管理画面により簡単に店舗アプリの管理を行えます。PCはもちろんスマホでも更新が行えるため、時と場所を選びません。管理機能には分析ができるツールも用意されていて、ユーザーの属性やアプリダウンロード数などを詳細に分析できます。

必要最低限の機能で費用を抑えたい人におすすめ

比較ランキング第5位は、株式会社フォルクスウェアが提供するみせプリです。

みせプリは「必要最低限の機能だけを利用し、できるだけ費用を抑えて店舗アプリを運用したい」という人におすすめのサービスです。「店舗アプリに興味があるものの本当に効果が出るか不安」という人のために業界最安の月額費用を実現したお試しコース「エントリープラン」が用意されています。

ただしこのプランは使える機能にかなりの制限がある上、ダウンロード数の上限が100と少ないため、本当にお試しでの利用しかできません。エントリープランを試してみて効果が見られたり、もっと機能を増やしたいという場合はより上位のプランへ切り替えることが可能です。

みせプリで1番人気の標準コースは「スタンダードプラン」で、ほとんどの機能が利用できる上ダウンロード数も無制限となっています。機能のカスタマイズに対応していないため「標準的な機能だけで十分」という方なら検討してみてもいいかもしれません。

もっと自由にカスタマイズしたい方や、多数の店舗を持っているチェーン店などは最上位の「カスタムプラン」がおすすめ。スタンダードプランよりも一気に費用は跳ね上がりますが、機能のカスタマイズにも対応していて独自機能を搭載したい場合に利用しやすいです。

みせプリのサービスには店舗アプリの最大の利点とも言えるプッシュ通知機能はもちろん、新着情報の配信やスタンプカード・会員証の管理や顧客管理の機能が含まれています。シンプルなデザイン構成でどんな業種にも対応しやすいこともメリットですが、デメリットとしてはオプションを追加していくうちに他社より費用が高くなってしまう可能性が高いことが挙げられます。「どの機能を使う必要があるのか」十分に検討し、よく比較してから検討することが大切です。

店舗アプリ初心者の業者選びには2つの要素が重要

自分の経験を活かしてこのサイトを立ち上げました。というのも、以前私も自分の居酒屋の集客向上のために様々な方法を模索していたのです。

私は居酒屋を3店舗経営していて、ある程度の常連客は確保できているものの、新規常連がなかなか獲得できない状況に陥っていました。さらに、現在獲得している常連客も環境の変化により来店頻度は下がる傾向にあったのです。

その状況を打破するために様々なプロモーション活動を検討していると、知人から「店舗アプリを作ってみてはどうか」とアドバイスをいただきました。それがきっかけで店舗アプリについて本格的に検討しはじめました。

ただ、調べ始めると店舗アプリを作成する会社の数はとても多いことがわかりました。少し失礼な物言いになってしまいますが、「どこで作っても一緒なんじゃないか」と感じたこともあります。しかしもう少し詳しく調べているうちに、サービスごとに使用できる機能の幅が少しずつ違うことに気がつきました。おそらくほとんどのサービスで同じような機能と品質は確保してくれているのでしょうが、選ぶサービスによっては機能制限が多く、オプションでつけなければならない機能も多いことを知りました。

そこで私は「スタートアップのコスト」「サポート対応」この2つの要素を重視して店舗アプリ作成サービスを選ぶことにしました

なぜかというと、これら2つの要素はサービスによって大きな違いがあるからです。スタートアップにかなりのコストが必要なところもあれば、ほとんどコストが必要ないところもあります。

また、専属サポートを行ってくれるところもあれば、そうでないところもあります。店舗アプリ初心者にとってはこれら2つの項目が最重要であると考え、私自身の観点からおすすめの店舗アプリ作成サービスを比較しました。入念に調べて得た知識をもとにランキングを決めたので、「初めて店舗アプリを導入する」という方であればきっと参考になる情報だと思います。ぜひこちらのランキングを参考に店舗アプリを検討してみてくださいね。

さて、それではおすすめの店舗アプリ作成サービスは全て紹介したので、最後に店舗アプリにまつわる覚えておきたい情報をお伝えします。ぜひもう少しだけお付き合いください。

プッシュ通知機能とポイント・スタンプカード機能という利点

皆さんは店舗アプリの魅力をご存知でしょうか。

まず店舗アプリを導入することで大きなメリットなるのは、アプリユーザーのスマホへ直接プッシュ通知を送信できるというものです。スマホを使っている方であればイメージしやすいと思いますが、機種を問わずスマホには「通知機能」が備わっています。これは、それぞれのアプリに動きがあった場合にそれを知らせてくれる機能のことです。

例えば、メールアプリであれば新着メールが届いた時などに通知が送信され、SNSアプリであれば「いいね」がついた時などに通知が送信されます。

スマホユーザーは自分でアプリをチェックするよりも、通知があった場合にアプリをチェックするケースの方が多いです。そのため店舗アプリをダウンロードしてもらえば、最新情報をプッシュ通知で配信することによりユーザーがアプリを開く可能性はとても高くなるのです。

従来であれば店舗から顧客へ最新情報を発信する際にメールマガジンやDMといった手段が用いられていました。しかし現代ではそれらの手段はそれほど有効性が高いとは言えないものになり、メールマガジンもDMも開封せずに捨てられてしまうことが多くなりました。

しかしプッシュ通知の開封率は従来のものよりも圧倒的に高い水準となっていて、これはスマホユーザーがプッシュ通知をタップすることにほとんど抵抗がないということの表れでもあります。顧客に対して魅力的な情報を届けることができれば、集客や購買活動につながりやすいのは言うまでもありません。

また、プッシュ通知以外にも店舗アプリには様々なメリットがあります。それは、ポイントカードやスタンプカードを持ち運ばなくてもスマホ1つで実現できるというもの。これまでは現実世界でカードを発行してポイントやスタンプを付与していくのが主流でした。

しかしこの方法には店舗側の付与漏れや顧客側の持参忘れなどの問題がありました。さらに、カードを発行することにもコストが必要でした。それらの問題を解決することに役立っているのが店舗アプリです。

店舗アプリの中でポイントカード・スタンプカードの機能を使用することで現実のカードを発行するコストはなくなり、さらに付与を自動化することで漏れの可能性も低くなります。

顧客側にとっては「スマホ1つで様々な店舗のポイントカード・スタンプカードを持ち歩ける」というメリットがあるため、財布がかさばる煩わしさやカードを忘れてしまうという問題が解消できます。ポイントカードやスタンプカードの利用率が上がれば顧客再来や販売促進へつなげやすくなります

店舗アプリを活用すればSNS拡散による知名度向上にも

先ほど紹介したプッシュ通知機能やポイントカード・スタンプカード機能の他にも、店舗アプリにはまだまだ魅力があります。

例えば、店舗アプリは知名度向上にも大きく役立ちます。スマホの普及に伴い発達したのがSNSです。代表的なものにはTwitterやFacebook、LINEなどがあり、これらはもはや「文化」と呼べるほどに多くの人が活用しています。SNSが発達した現代において、店舗知名度を上げるためにはSNSでの「拡散」が大きな役割を果たします。

SNSにおける拡散とは、あるユーザーが「おすすめの情報をみんなにも知ってほしい」という目的からSNSへその情報を投稿し、それを見た別のユーザーがSNSを通じてさらに共有していく、という流れのことを指します。情報が広がれば広がるほどより多くの人に店舗の名前を知ってもらうことができるため、SNSの拡散を狙うマーケティング方法も登場しています。

それではなぜ店舗アプリはSNS拡散に役立つのか。その答えはアプリからSNSへの投稿のしやすさにあります。店舗アプリからSNSへ共有するためのボタンを設置しておけば、アプリユーザーは自分の気に入っているお店の情報をワンタップで簡単に共有できます。「自分の好みを他人と共有したい」という欲求を持っている人も多いため、常連客にアプリをダウンロードしてもらうことは知名度向上に役立つのです。

さらに、「SNS共有でクーポンプレゼント」などのキャンペーンを行えば、よりユーザーが情報を共有してくれる可能性は高まります。クーポンの配布も店舗アプリを活用すれば簡単に行えるのですから。

もちろん、こういったキャンペーン以外でも店舗アプリを使えば簡単にクーポンを発行できます。多くのサービスではそれぞれのクーポンに有効期限を設定できるようになっているほか、不正を防ぐ様々な取り組みが行われています。

自分で行うと面倒なクーポン管理も、店舗アプリ作成サービスに任せればラクラク実施できるようになるのです。

以前は大手企業しか活用できなかった店舗アプリも、最近では様々な店舗アプリ作成サービスにより、中小企業や個人経営のお店でも利用しやすくなっています。

スマホユーザーもアプリクーポンの使用に慣れているため、より店舗アプリを導入しやすい地盤は整っているのです。地盤の整っている現代だからこそ、店舗アプリはマーケティングに有効な武器になり得ます。

本当に納得できる店舗アプリ作成サービスを選ぼう

さて、ここまで解説したように店舗アプリには本当にたくさんのメリットが存在しています。店舗アプリ作成サービスは日本だけでも数多くあり選ぶのが大変ですが、実は「店舗アプリ初心者がサービスを選ぶための基準」をきちんと把握しておけば、どのサービスを利用すればいいかは自ずと見えてくるのです。

例えば、ITに精通していない店舗であれば管理画面がわかりやすいサービスを選ばなくてはなりません。できるなら専属の担当者がついてくれ、サポート体制も充実している方が運用しやすいです。

どんなに簡単に店舗アプリを運用できるサービスでもわからないことは必ず出てきます。それを解消しやすい環境が整っている店舗アプリ作成サービスを利用することが大切です。

専属の担当者がいれば「もっとこうした方がプロモーションの効果が上がる」など、店舗アプリのプロとしての視点でアドバイスを提供してくれるかもしれません。

また、店舗アプリ導入のための初期費用を抑えることも大切です。通常、アプリ制作会社へアプリ開発を依頼すると数百万円単位での初期費用が必要になります。しかし、店舗アプリ作成サービスなら店舗アプリに特化したアプリを提供してくれているため、初期費用を圧倒的に抑えて導入することが可能です。初期費用についてはサービスによってかなりの差があるため、アプリの機能性や品質は確保した上で費用を抑えられるサービスを選びましょう。

今回の記事で紹介している店舗アプリ作成サービスはこれらの基準をどれだけ満たしているか、という根拠に基づいてランキングを決定しています。ランキング上位を選べば選ぶほど店舗アプリ初心者が納得しやすいサービスとなっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

記事一覧

スマホの普及と共に、今や店舗経営をアプリでも行うことはほぼ常識といっても良いレベルで行われています。 ユーザー ・・・[続きを読む]
今やインターネットビジネスが主流となっている時代です。 この時代に店舗は対応するべく多くの施策を用意しているの ・・・[続きを読む]
実店舗を構える他に店舗アプリを始める方法があります。 しかし店舗アプリを始めようとするといろいろと悩ましい問題 ・・・[続きを読む]
店舗アプリを作成することで、お店を利用してくれる固定客をつくることができます。アプリでポイントサービスやお得な ・・・[続きを読む]
近くに競合のスーパーができたから売上やリピーターのお客様が減ってしまったということはありませんか。 そんな時考 ・・・[続きを読む]
スマートフォンやタブレットなどの携帯端末の爆発的な普及が進み、今や1人1台が当たり前となりつつありますが、そん ・・・[続きを読む]
飲食店や小売店をリアル店舗で行っているサービスは集客を気にする必要があります。今はインターネットが強い時代とな ・・・[続きを読む]
現在の市場においては、スマホを持っている人が全体の7割にも及んでおり、スマートフォン用の解析ツールと連携するこ ・・・[続きを読む]
近年の日本では、外国人観光客が年々増加する傾向にあります。観光客の多くは中国やインドネシアなどアジア圏の人々が ・・・[続きを読む]